【映画】奥様は取り扱い注意はパクリ?ミスターアンドミセススミスが元?

 

2017年の人気ドラマ『奥様は、取り扱い注意』の映画が、やっと公開の日を迎えられそうですね~

ドラマの結末がハッキリと描かれずに終わったので、2人がどうなったのか続編でわかるのではないかと期待されます(^-^)

ところで、このドラマはあまりにも既視感があり、ある映画のパクリではないか?と噂されています!!

その辺を調べました(^.^)

 

【映画】奥様は取り扱い注意は『Mr.&Mrs.スミス』に似ている?

『奥様は、取り扱い注意』と言えば、主演の綾瀬はるかさんと、西島秀俊さんのスタント無しの凄いアクションシーンが印象的です!

ドラマでは、ほぼ1話ごとにトラブルが発生するのですが、高級住宅街が舞台で、ありえそうな内容に共感しながら見ていた人も多かったと思います(^^)

 

途中、実は旦那さんは公安で、元工作員の妻を監視していた事実がわかってからの、2人が戦うシーンは見応えがあり、この後どうなるのだろうと展開に興味が持たれる面白いドラマでした!

 

ところが、こんな呑気な感想とは別に、「あれ?この感じ、どっかで見たような~?」と感じていた人も多くいたようなんです(>_<)

それは、2005年6月に公開されたアメリカの映画『Mr.&Mrs.スミス』です!

主演はブラットピットとアンジェリーナジョリー(*^^*)

日本でも同年12月に公開され、地上波でも5回放送されたので、見たことがある人も多いはず!

 

では、どの辺が似ていると言われる所以なのか?

 

・奥様が暗殺請負人(元工作員)と言う特殊な職業であること。

・二人は一瞬にして恋に落ち結婚するも、お互いの素性は隠していたこと。

・お互いの素性を知り、争うことになったこと。

 

おおまかにはこの3点だと思いますが、けっこう物語の柱になる部分なので、「似てる~!!」と思ってしまうのですね(^-^)

 

スポンサーリンク

【映画】奥様は取り扱い注意はパクリなのか?他にも似ている作品が!

 

厳密に言うと、職業も違いますし、『奥様は、取り扱い注意』では、夫は素性を知っていて妻に近付きますが、『Mr.&Mrs.スミス』は、同じ人物をターゲットにするよう別々に指令を受けたことで、それまで知らなかったお互いの職業を知ることになります。

両方ともラストは、夫婦の壮絶な喧嘩(バトル)なんですが、『Mr.&Mrs.スミス』は、結局お互いの愛を確認した夫婦を狙う組織が現れ、2人は組織と戦う覚悟を決めます。

いわば、ハッピーエンドです(^-^)

でも、『奥様は、取り扱い注意』のラストは、暗闇の中で銃声が響き、2人がどうなったかは描かれていません!

 

全てが同じなら完全に盗作ですが、設定が似ているとかストーリー展開が似ているは、「もしかしたらパクったのかもしれない?」レベルに感じます。

 

実は、『奥様は、取り扱い注意』は、他の作品にも似ているのでは?と言う声も聞かれます。

 

一つは、1996年にアメリカで公開されたアクション映画『ロング・キス・グッドナイト』です。

この作品では、記憶を無くした女性が、交通事故をきっかけに急に身体能力があがり、襲ってきた男を簡単に倒してしまいます。

自分は何者なのか知るために、夫と娘を置いて、探偵と共に旅に出た女性は、自分は政府の暗殺者だったことを知ります(>_<)

最終的には、記憶を無くす前に言い渡されていたミッションをクリアし、他国へ移り、夫と娘と幸せに暮らします。

 

“記憶喪失”は今度の映画の設定と同じですし、実は元暗殺者で、凄まじく強い女性であることも似ていますね(^-^)

 

2つ目は、2004年から2012年までアメリカで放送されたドラマ『デスパレートな妻たち』です。

この作品の主人公は、工作員でも暗殺者でもなく、高級住宅街に住む4人の主婦!

身の回りで起こる波乱万丈な日常を、面白おかしく描き、とても人気があったドラマです(^^)

 

『奥様は、取り扱い注意』のドラマ版が、料理教室で出会った3人の女性が、自分達の住む町で起こる事件を解決していくストーリーだったので、似ていますね!

 

【映画】奥様は取り扱い注意は、数々の作品にインスパイアされている!

 

似ている=パクリなのか?

は、とても難しい問題です(>_<)

 

この作品に限らず、「似ているかも?」と思うドラマや映画、小説、「聞いたことあるかも?」と思う音楽ってたくさんありますよね~

それらが、全部パクリかと言うとそうではないと思います(^.^)

 

自分がかつて見たり聞いたりした作品や音楽の中で、とても興味を持ったり惹かれたりした作品に影響を受けると言うことは多々あると思うのです。

今回の場合は、原案・脚本を担当した金城一紀さんが、上にあげた作品にインスパイアされて出来た作品のため、既視感があり「似ている?」とか「パクリ?」とかの感想が多く聞かれることになったのではないかと考えます(^-^)

 

ただ、金城一彦さんの作品には、他にも似ているかも?と思われる作品があるのです。

もしかしたら、金城さん自身が意識して採用している部分もあるかもしれません(>_<)

そのことを示しているかと思われるのが、こちらのポスターです!

ドラマの時は違いましたが、映画ではあえて『Mr.&Mrs.スミス』に寄せてきたと感じるのは私だけでしょうか?

 

金城さんの作品は、政治的な題材を使うことが多いです。

『奥様は、取り扱い注意』のドラマ版では、女性へのDVや差別を取り上げました!

でも、これらのテーマは重くなりがち(>_<)

先ず見てもらわなければ、伝えたいことも伝えられないです。

ドラマの本質がどこにあるのかを見極めるのも、見る側にとって大切なことなのではないかと感じました!

 

→ 【映画】奥様は取り扱い注意のロケ地は?海外の撮影場所はポルトガル?

【映画】奥様は取り扱い注意のロケ地は?海外の撮影場所はポルトガル?

2021年1月16日

【ドラマ】奥様は取り扱い注意の動画配信状況!Hulu・NETFLIX・U-NEXT

2021年1月21日

 

まとめ

 

『奥様は、取り扱い注意』が、『Mr.&Mrs.スミス』などの作品をパクったのではないか?という点について、深掘りしました(^-^)

結論としては、作者のみぞ知るなんですが、確かに似ている点はいくつかあります!

でも、その奥にあるテーマに作品の深みを感じました。

映画の公開も楽しみです(^^)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください