【ドラマ】DCUの原作はある?脚本や監督についても

2020年1月スタートのドラマ『DCU』の、出演者などの情報が続々と発表されていますね(^^)

“新感覚ウォーターミステリー”という、新ジャンルのドラマのようですが、原作はあるのでしょうか?

脚本監督などについても、調べていこうと思います(^^)/

 


スポンサーリンク

【ドラマ】DCUに原作はない?脚本や監督は?

ドラマの舞台となるのは、海上保安庁に新設された「DCU」という水中事件や事故の捜査を行うスペシャリスト集団。DCUはDeep Crime Unit(潜水特殊捜査隊)の略称で、彼らの使命は、従来の海上水域だけでなく警察の捜査では困難な「危険極まりない日本全国の河川や湖」など、あらゆる水中に潜り隠された証拠を探し事件を解決する。“水中未解決事件を解明すること”が、彼らのミッションだ。

引用元:公式HP

これまでにない新ジャンルに挑戦するこのドラマですが、原作はありません!!

TBS「日曜劇場」のオリジナルとなるわけです(^.^)

そのオリジナルの脚本を書いたのは誰?となりますが、今のところ、脚本家も監督・演出も名前は上がっていません。

 

スタッフ欄をよく見ると、プロデューサーは伊與田英徳さんでした!

伊與田さんと言えば、数多くの「日曜劇場」を手掛けている、TBSの敏腕プロデューサー(>_<)

『半沢直樹』『下町ロケット』『陸王』など、池井戸潤さん作品のヒットの立役者であるし、今回の主演の阿部寛さんとは、『下町ロケット』や『ドラゴン桜』でタッグを組んでいます。

その伊與田さんと共にヒットの生みの親と言われているのが、“伊與ジャイコンビ”と呼ばれる、演出家の福澤克維さん。

2人は「自分が面白いと思うものをやり切る」というブレないスタンスの元、キャスティングからカメラワーク、セリフ、ロケーションやセットに至るまで、スタッフと議論を重ねあげて作品を作り上げていくんだとか。

脚本については、回毎に担当者が変わるかもしれませんが、監督は福澤さんが担当する可能性が高そうですね(^^)

 


スポンサーリンク

【ドラマ】DCUが世界進出!?これまでと違う「日曜劇場」!!

 

今回のドラマで注目すべきは、海外での放送形式です!

これまでのドラマのほとんどは、TBSなどの日本のTV会社などが制作した作品を、海外のメディアが買い付けて現地放送する形式でしたが、『DCU』は、最初から国際的な視野に立って共同制作を行う、新しい形のドラマなんです(^^)

共同制作にあたるのは、TBSのほか、イスラエルのケシェット・メディア・グループのグローバル部門で、海外制作・配給を担うケシェット・インターナショナル(KI)と、カナダのテレビ番組制作・配給・出資会社であるファセット4メディアです。

 

作品のコンセプトは、KIとファセット4メディアが提供し、知的財産権はファセット4メディアが保有、実際の番組制作はTBSが行う仕組みのようです。

“ウォーターミステリー”という新しいジャンルは、確かに海外ならではの発想だなあ~と思いました(^^)

 

最近は、NetflixやAmazon Prime Videoで、日本人を起用した作品が良く見られるようになりましたが、国内ドラマが海外のマーケットに受け入れられるには、まだまだ課題が多いんだとか(>_<)

日本の作品は、繊細な感情表現や、微妙な心の機微などを描くことが多く、実際日本人が好むのもこのような作品です!

それに比べて海外では、スケールの大きさや、娯楽性、作品のテンポやアクション性などが求められる傾向にあります。

最近の「日曜劇場」は、“伊與ジャイコンビ”が手掛けた『半沢直樹』で見られた、ちょっと大袈裟な演技やハラハラ感、2021年夏に放送された『TOKYO MER』で見られたスケールの大きさや、正義のヒーロー感など、攻めている様子が伺えますよね(^^)

 

しかも、今回の舞台は水中!

撮影はかなりハードで命に関わるようなシーンも描かれることが予想されるので、海外でも受け入れられることが期待されます(^.^)

 


スポンサーリンク

“伊與ジャイ”ファミリーと“新鮮力”!!

 

よく、○○ファミリーとか○○組とかって耳にしますよね~

『DCU』でも“伊與ジャイ”ファミリーと思われる、常連の俳優さんが多くいます!

主役の阿部寛さんはもちろんですが、『小さな巨人』出演の中村アンさん、『下町ロケット』出演の山崎育三郎さん、『ブラックペアン』出演の趣里さん、『ノーサイド・ゲーム』出演の高橋光臣さん、『半沢直樹』出演の佃典彦さん、『下町ロケット』出演の春風亭昇太さんなど、錚々たる顔ぶれですね(*^^*)

また、“伊與ジャイコンビ”は、俳優の才能を見出し、力を引き出すことにも長けています!!

かつては「ヤンキー母校に帰る」で松田翔太さんをデビューに導きましたが、「日曜劇場」では、土屋太鳳さん芳根京子さんなども、“伊與ジャイ”チルドレンと言われています(^^)

 

今回の作品では、横浜流星さんの起用がそれにあたるのではないでしょうか?

既に、多くの作品に出演している横浜さんですが、「日曜劇場」は初めて!

空手有段者で運動能力の高さは有名ですが、新たにスキューバダイビングのライセンスも取得して、よりリアルな演技が期待できます(^^)

また、これまで異ジャンルからの出演者も多く見られたのは、今回は、ミュージシャンの岡崎体育さんが、ダイバー役で登場!

伊與田さんは、少し体格が良くて、運動神経が良くて、お芝居が出来る人がいないか思った時に、ピン!ときたんだとか(^.^)

岡崎さん本人も、ダイバーのライセンスを取得し、体重を18kgも落とし、意気込みをみせています!!

常連組と新鮮組の相乗効果も期待できそうですね(^^)

【DCU】潜水特殊捜査隊は実在する実話?モデルや元ネタ事件についても調査!

 


スポンサーリンク

まとめ

 

2022年1月スタートの『DCU』は、“ウォーターミステリー”と言う新ジャンルですが、原作はなく、オリジナルのドラマです!

脚本や監督も発表されていませんが、伊與田プロデューサーを中心に、海外でも受け入れられるようなスケールの大きい作品になりそうですね(^^)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください