【ドラマ】ミステリというなかれはパクリ?問題シーンは放送されるか考察

 

菅田将暉さんが初めて月9で主演を務めることで話題となっているドラマ『ミステリと言う勿れ』。

実はもう1つ、ネット上をざわつかせた話題がありました!

それは“パクリ疑惑”です(>_<)

今回は、その全容をまとめました!

\マンガを40%オフで読んでみる/

↓↓↓大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】


スポンサーリンク

【ドラマ】ミステリと言う勿れのパクリのシーンとは?

“オマージュ”と言われる、元ネタに対する尊敬や賞賛の念が込められている場合や、面白く再現した“パロディ”などもありますが、今回は、“パクリ”と言うわけですから、元ネタは明かさず盗用していることになります。

実際はどうだったのでしょうか?

 

では、そのパクリと言われたシーンについて詳しく説明します!

 

問題の場面は、主人公・久能整が、事件の解明を依頼されたある一族の、ある父親の言葉を聞いて発したセリフにあります。

 

その父親は、自分の娘に、

 

旦那さんに楽させてもらってるんだから。それに胡坐を書いちゃだめだぞ。ちゃんとサポートしてな、娘とのんびりいられるのは幸せだろ?それが女の幸せのはずだよ

 

と、説教をするのですが、それに対し、久能が「前にネットでチラッと見た記事で・・・」と前置きをした上で、こう言いました。

父親たちを集めて、ある実験をしたんだそうです。
簡単な計算問題か何かのペーパーを渡して、一時間以内に解けと。

そんなの簡単じゃん、とやり始めたところに、数分おきに電話を掛けたり話しかけたり、主催者が邪魔をするんだそうです。

父親たちはだんだんイライラしてくる。

結局誰も、時間内に全問を解くことができずに父親たちは怒りだした。

「こんなに邪魔されたら何もできない」

そこで主催者が言ったそうです。

「これが、子育てをする母親たちの毎日なんです」

達成感を味わえないその苦しみ。父親たちは黙ったそうです。

 

面白い実験だなぁと僕は思ったんですが 僕は常々思っているんですが

もし家にいて、家事と子育てをすることが本当に簡単で楽なことだったら、もっと男性がやりたがると思う。

でも実際はそうじゃない ということは

「男性にとってしたくない、できないこと」なんです。

なのに、なんで女性にとって楽なことだと思うんだろう。

 

引用元:『ミステリと言う勿れ』3巻

「うん、うん」と、子育て経験者なら大きく頷きたくなりますが、そこは置いておいて、問題となったのは、この“実験”が、ある小説からパクったのではないかということでした!

 


スポンサーリンク

【ミステリというなかれ】元ネタはTwitter novel(ツイノベ)?

 

元ネタとなる小説は、水木ナオさんが、2015年にTwitter上で公開していた超短編小説です。

水木さんは、Twitter小説を中心に短編小説の執筆活動をしている作家さん!

本当に短い文章の中に、ギュッといろんなエキスが詰まっていて、すごい!と思ってしまう作家さんです(^^)

元ネタはこちら・・・

父親教室の体験学習でテストが配られた。「30分でそれを解いて下さい」だが看護師が話しかけたり電話を始めたりと邪魔をして、結局誰も解けなかった。苛つく彼らに看護師は言った。「予定をこなしたくても邪魔が入って達成感を味わえない。それが赤ん坊を抱える母親の気持ちです」

 

引用元:水木ナオさんTwitter

時間や登場人物が少し違いますが、言おうとしていることは全く同じ!!

このような実験が実際に行われた記録があり、水木さんもそれを引用したのかと思いそうですが、実は、水木さんが創作したオリジナルなんです。

 

そのため、この部分をパクったのではないかと疑われてしまったのですね~

 

これに関して、『ミステリと言う勿れ』の作者田村由美さんと水木さんとの間でやりとりが行われました。

田村さんは、実際に行われた実験であると誤認し、内容的にぜひ作中で紹介したいと思い引用したようです!

ただ、その際に、事実確認を怠り、水木さんにも断りなく使ってしまったのです(>_<)

読者の指摘によって発覚したのですが、水木さん当人は、

「目に留まっていたのであれば、嬉しい限りです」

とコメントする神対応!

田村さん及び、掲載雑誌の編集部から、水木さん本人への謝罪と公式サイトでの謝罪文の掲載で一件落着しました(^.^)

 


スポンサーリンク

【ミステリというなかれ】パクリシーンは放送される?

 

謝罪文の中に、「素晴らしいお話を引き続き使用させていただくことをご快諾くださったことに心より感謝致します。」という文言があったことから、この内容が消去されることはないようです。

紙版での重版時及び、電子版には、水木さんの著作を参考にしたことを明示するとも書かれています(^^)

 

では、月9『ミステリと言う勿れ』で、そのシーンは放送されるでしょうか?

この作品は、主人公・久能が、事件の謎を推理し解き明かしていくのですが、問題のシーンは、2巻の途中から始まるepisode4「狩集家遺産相続問題」のワンシーンです!

その前に3つのエピソードがあるわけですが、どこまでがドラマ化されるかで、このシーンの放送の有無が決まることになりますよね~

 

この「狩集家遺産相続問題」は、かなり長く、前半のメイン的な内容なので、最終回に向けて、この事件が取り扱われるのではないかと予想します!

ということは、“実験”について、久能が語るシーンも放送されることになりますね(^^)

 


スポンサーリンク

まとめ

 

2022年1月から放送される月9ドラマ『ミステリと言う勿れ』のパクリ疑惑について、まとめました!

作者の田村由美さんが、水木ナオさんのオリジナルであることを知らずに引用してしまったことが判明しました。

でも双方で和解はしていますので、“パクリ疑惑”は払拭されました(^^)

どんなドラマになるのか、楽しみですね!

\マンガを40%オフで読んでみる/

↓↓↓大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】

【ミステリというなかれ】関連記事

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください