騙し絵の牙【映画】結末ネタバレ考察!ラスト黒幕登場は大泉本人?

 

映画好きの私が今注目しているのが、この「騙し絵の牙」という作品です(╹◡╹)!

当初は2020年6月に公開を予定していたのですが、残念ながらコロナ禍によって公開が延期になってしまいました。。

そして、この度やっと2021年3月に満を辞して公開されることが決定!ヽ(´▽`)/

今回は、大注目の映画・「騙し絵の牙」の基本情報から、黒幕や結末のネタバレ情報までたっぷりと考察していきたいと思います(°▽°)

映画を見るまで結末を知りたくないという方は、見ない方が良いかもしれないですよ!

 

騙し絵の牙【映画】について

まずは、映画「騙し絵の牙」の基本情報から紹介していきたいと思います♩

 

原作の作者は、ミステリー小説「罪の声」が有名な塩田武士さんになります。

 

「騙し絵の牙」の最大のウリは、なんと言っても小説家の塩田武士さんが、俳優・大泉洋を主人公にあてがきをした同名小説が原作であること!

特定の俳優のために、小説を一冊書いちゃうって今までなかなか無かったのでは!?

しかも、小説を書く段階で最初から映画化を前提に考えて執筆したとのことですから、さらに驚きです∑(゚Д゚)

小説家の塩田さんは大泉洋さんのファンなんでしょうか?(笑)

塩田さんが嬉しそうに大泉洋さんと写っている写真がネット上にありましたから、きっとファンなんでしょう(予想)w

 

「騙し絵の牙」の小説版は2018年に発売となっていますが、発売当時から大泉洋さんを主人公にあてがきしているとネットやテレビで話題となりました!

その話題性と物語の面白さから、2018年本屋大賞にノミネートもされています( ´∀`)

ネットでも小説版を読んだ方はみんな口を揃えて、「面白かった!」「最後の展開がすごく良かった!」という声を挙げているほど。

今から映画公開がますます楽しみになりますね!

 

また、映画版の監督は、「桐島、部活やめるってよ」や「紙の月」でもメガホンを取り、確かな実力で日本アカデミー賞では最優秀監督賞の受賞歴がある、吉田大八さんが務めています。

キャストも大泉洋さんだけでなく、脇を固める方々も松岡茉優さんや木村佳乃さん、中村倫也さんや斎藤工さんなど主役級の方々ばかり。

とても力を入れて制作されたということが伝わってくるのではないでしょうか。( ̄∇ ̄)

 

スポンサーリンク

騙し絵の牙【映画】結末ネタバレを考察!

 

映画・「騙し絵の牙」のラストは、大泉洋さん演じる主人公速水の見事な裏切りによる、どんでん返しの展開となるでしょうd( ̄  ̄)

 

速水の表向きの顔は、巧みな話術とスマートな立ち振る舞いで人々を明るくさせたり、愉快にさせることができる、人たらしな性格です。

2020年の紅白歌合戦で司会を務めてらっしゃったときの大泉洋さんを思い出せば、まさにそんな方だよな、と容易に想像が付きますよね★

 

ただ、映画タイトルが「騙し絵の牙」ですから、このみんなに愛される大泉洋さんの姿では終わりません。

裏の性格であるダークな部分も描かれることとなります。

最後には一体どんな裏切りで私たちを騙してくれるのか、どんでん返しはあるのか、そして大泉洋さんをはじめとする登場人物たちは、皆一体どんな嘘をついていたのか、そんな部分が明らかになるラスト15分の結末に注目です!(^O^)

 

騙し絵の牙【映画】黒幕は誰か

 

上記でも触れましたが、結論からいうと、一番の黒幕は大泉洋さん演じる速水になります!

表向きは人当たりが良い感じですが、裏の顔は冷酷で計算高く、自分の利益のためだけに動く人間のようです( ̄∇ ̄)

ここまで表と裏でギャップがある人も珍しいですよね。

 

速水の同期入社で、彼のことをよく知る小山内という登場人物が「あいつは騙し絵みたいなもんや」とも表現しています。

そして、小説の表紙にはクールにキメる大泉洋さんの写真が使われていますが、その影は女性の顔のような形をしています!

この表紙は、「人は表の顔と裏の顔が違う」ということをとても上手く表現している点が良いなと個人的には思いますd( ̄  ̄)。

ですが、実際の大泉洋さんの人柄にはこんな裏の顔なんてあって欲しくない!と願わずにはいられませんね。

 

大きな黒幕は大泉洋さん演じる速水で間違いないと思いますが、映画版では原作小説よりも脇を固める登場人物が多いですから、彼らもまた何か企みがあるのかもしれません!

 

予告動画では、「全員嘘をついている」という触れ込みもありますし、劇場でそれぞれの登場人物がどんな嘘をついているのか予想しながら見ると面白いかもしれません。(*゚▽゚*)

それに、原作小説と結末が全く同じということは考えにくいですから、映画版では小説版を上回る、私たちがアッと驚く展開を期待したいですね★★

 

まとめ

 

映画・騙し絵の牙は後半は特に怒涛の騙し合いでしょうから、一瞬も見逃せない展開になると思います。

特にラスト15分間に注目です!

巧妙な騙し絵に隠された牙をあなたは見抜くことが出来ますか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください