【MFゴースト】奥山広也は頭文字Dの足の魔術師!足へのこだわりが半端ない!

 

『MFゴースト』の舞台となっているカーレース「MFG」において、キーマン的な存在となっている奥山広也!

「車は足だけで速くなる」を信条とする奥山は「足の魔術師」とも呼ばれています(^^)

あまり印象は強くありませんが、奥山も『頭文字D』に登場していた人物!

今回は、奥山について深掘りします。

\マンガを40%オフで読んでみる/

↓↓↓大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】


スポンサーリンク

【MFゴースト】オートショップの経営者は足の魔術師!

 

奥山広也は、オートショップ「スパイラル・ゼロ」の経営者です!

小田原出身のMFGドライバー相葉瞬の、GT-Rの調整を手掛けていて、相葉からは恩人として敬愛されています(^^)

相葉は、選手登録にやってきたカナタと偶然会い、その時に自分のことを尊敬していると言われたことをきっかけに、カナタに目をかけるようになりました。

その、カナタのメカニックである緒方は、開幕戦の小田原パイクピークを終え、86の戦闘力に物足りなさを感じていました!

 

そこで、自らをカナタの兄貴分と思っている相葉が間を取り持ち、奥山を紹介したのです。

緒方から相談を受けた奥山は、「足の魔術師」と呼ばれているだけあり、先ずは、足回りを重点的に強化することを提案します!

そして、サスペンションとブレーキ、吸排気系のみに手を入れました(^.^)

「俺は足には妥協しない」と豪語する奥山は、

「しなやかにストロークさせて、タイヤのグリップを使いきったところからさらにねばるような・・・そんな足を作る」と言ってサスペンションを作り上げ、ブレーキは6ポットを使い、制動力と耐久性を強化しました!

マフラーも交換しています。

 

早速試走したカナタは、格段にパワフルになった86を絶賛しました!

 


スポンサーリンク

【MFゴースト】奥山広也とは?激変していた?

 

『MFゴースト』に登場した奥山を見た時、かつての『頭文字D』の読者のほとんどが、奥山ってあの奥山???と思ったのではないでしょうか?

『頭文字D』の奥山は、プロジェクトDの侵攻を阻止するために構成された「チームスパイラル」のダウンヒル担当で、通称スパイラルの「01」!

挑発的な性格で、愛車のS15(シルビア)に対して、相当な自信を持っていました。

見た目は、前髪が長く目が隠れるほどで、ネックレスをつけているなど、チャラいイメージ!

そう、今とは全く感じが異なります(>_<)

 

年齢を重ねるとこんな感じになるのだろうかとも思いますが、驚きの声は多く上がっています!

スパイラルの奥山って頭文字Dだと割とイキってる系のイメージだったけど、MFゴーストでめっちゃいいおじさんになっててギャップやばいw

 

頭文字Dの神奈川編で一番あっさり負けた奥山が、続編のMFゴーストで頭文字Dキャラの中で一番の主要キャラとして登場するとは思いもしなかったな。

 

まさか奥山が主人公のマシンを職人技のチューニングするっていう超渋い活躍してめちゃくちゃ株上げてるっていう当時を知ってるとかなり面白い展開

 

引用元:Twitter

このつぶやきにもあるように、奥山は、『頭文字D』の主人公・藤原拓海に対して、「ハナからドラテクを競うつもりなんかない」と、車のポテンシャルで勝負。

後追いを選びましたが、コースを先行した拓海の超絶な走りを見せつけられ、完敗してしまいます(>_<)

そのショックはかなり大きく、終盤には性格がやや丸くなってきていましたが、それから20年・・・いろいろと苦労したのでしょうか?

髪型もさっぱりし、すっかり落ち着いた中年男性になっていますね(^^)

 


スポンサーリンク

【MFゴースト】第2戦からもカナタのサポートを担当!

 

第1戦で、手ごたえを感じた奥山は、第2戦以降も、カナタをサポートしていくことになりました!

しかも、奥山の中では、既に第3戦、第4戦、そして最終戦に向けてのビジョンが出来上がっていたのです(^-^)

緒方は、スープラへの乗り換えを提案していますが、カナタは86のレベルアップを主張!

奥山もそれを支持します(^^)

 

こうして、第2戦の予選では、スーパーラップを記録し、第3戦の予選ではなんと、コースレコードを打ち立て、決勝へ!!

決勝レースでは、奥山もセコンドブースに入って、カナタをサポートしています!

 

カナタは、かつて自分が大敗した拓海の教え子ですが、拓海のことは高く評価していて、「間違いなく師を超えるスケールの天才ドライバー」と語り、カナタをサポート出来ることに誇りを持っています(^.^)

 

「MFG」を立ち上げたのは、高橋兄弟や史浩など、かつての群馬の走り屋達です!

当時彼らは「群馬プライド」と呼ばれていましたが、現在の「MFG」の主な舞台は、「チームスパイラル」の拠点であった神奈川です!

 

「群馬勢が構築してでかく育て上げたMFGを・・・少しでもひっかきまわすことができるなら・・・神奈川勢の残党としてはせめてものささやかな自己主張だ・・」

と、神奈川勢としてのプライドを表す発言をしています(^^)

今後も、「MFG」を盛り上げていく重要な存在になることは間違いないですね!

 


スポンサーリンク

まとめ

 

チームスパイラルの「01」奥山広也は、かなりチャラかった昔とは違い、落ち着いた感じの大人になっていました!

オートショップを経営するか傍ら、「MFG」のメカニックとしても活躍し、カナタの躍進に一役買っています(^^)

足へのこだわりは相変わらずで、「足の魔術師」と呼ばれている奥山は、今後も物語の重要人物となることでしょう!

\マンガを40%オフで読んでみる/

↓↓↓大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください