漫画ウィッチウォッチは打ち切り?作者死亡が理由ってマジ?

 

どんな作品でも、検索ワードに登場する“打ち切り”の文字!!

漫画『ウィッチウォッチ』についても、同様です(>_<)

それどころか、“作者 死亡”とまで続く場合も・・・

これは、大変!ということで、真相を探っていこうと思います(^^)

\マンガを40%オフで読んでみる/

↓↓↓大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】


スポンサーリンク

【ウィッチウォッチ】打ち切りの噂の真相は?

漫画『ウィッチウォッチ』は、「週刊少年ジャンプ」で2021年10月号から連載が始まりました!

過去に、「週刊少年ジャンプ」で、「SKET DANCE」を、「少年ジャンプ+」では、「彼方のアストラ」をヒットさせた、篠原健太さんです(^^)

 

「週刊少年ジャンプ」での連載は、8年振りということで、多くのファンが期待を寄せていました。

でも、連載開始直後の評価は賛否両論で、読者アンケートの結果もあまり伸びず、

SNS上では「このまま打ち切りになってしまうのではないか」という憶測が飛び交いました(@_@)

「週刊少年ジャンプ」と言えば、「ワンピース」や「呪術回戦」、「僕のヒーローアカデミア」「HUNTER×HUNTER」など、大人気作品が満載ですが、毎回行われる読者アンケートの結果が、掲載順位に反映される場合が多く、アンケート結果や掲載順位の結果次第で、打ち切りが決まってしまうこともあるんだとか。

そんな事情を知っている読者の方々が、『ウィッチウォッチ』の連載に危機感を覚えたのではないかと思われます(^^)

もちろん、現時点で、

『ウィッチウォッチ』が、打ち切りになるという情報はありません!!

 


スポンサーリンク

【ウィッチウォッチ】ジャンプのシビアな打ち切り事情

 

漫画において“打ち切り”とは、連載が途中の段階で終わってしまうことを言います。

作者の意図しないところで、最終話を迎えることになるわけです・・・

病気など、作者側に何らかの事情がある場合もありますが、その多くは人気がない等の理由により、編集者側から打ち切りを通告されるようです(>_<)

漫画もデジタル化されているとは言え、「週刊少年ジャンプ」は、未だ多くのファンに支えられている雑誌です!

そんな「週刊少年ジャンプ」は、読者アンケートを参考にして、編集の方針を定める傾向にあります。

過去にどんなにヒットした作品を描いていようが、アンケートの結果が悪いと、打ち切りを宣告されてしまうこともある「アンケート至上主義」と呼ばれています(>_<)

 

そこは、ベテランであろうが新人であろうが、「アンケート2位以下は、すべて終了候補」と、編集長は語っていました!

とても過酷なことのように感じますが、ベテランはその地位に奢らずに真摯に漫画と向き合うため、そして新人には、狭きながらも門を開けるため、どちらも切磋琢磨しながら、「週刊少年ジャンプ」と言う雑誌を作り上げていくスタイルなのではないかと感じました(^.^)

前作が打ち切られた後に、アンケートの結果を分析し、新たに作り出した漫画が代表作になった作家もいます!

連載中であっても、対策を取ることによって人気が回復し、アンケート結果が上位になることもあるのです(^^)

 

【ウィッチウォッチ】人気回復で安定か?

 

『ウィッチウォッチ』も、もちろん面白い作品ですし、楽しみにしているファンの方々もたくさんいます!

そんな方々にとって、打ち切りになって作品が読めなくなるのはとても悲しいこと・・・

この方々が、実際どんな行動に出たのかはわかりませんが、少なくとも作品を守ろう!という気持ちはあったと思います(^^)

そんなファンの方々の思いが通じてか、『ウィッチウォッチ』の人気が徐々に上がり、雑誌の掲載順位も上位になってきました!

 

掲載順位が上位ということは、打ち切りの可能性が低くなったことを意味するようです!

そして追い風の様に、『ウィッチウォッチ』は「次に来るマンガ大賞2022」の第2位を獲得しました(*^^*)

ウィッチウォッチの掲載順爆上げでうれしいな これで慢心してアンケ入れなくて打ち切りライン、は避けたい

 

最近のウィッチウォッチは面白さも確変中で掲載順も徐々に上がってるな、ワンチャン打ち切り回避出来るか?頼むわほんと

 

打ち切り寸前でしっかりレースのトップを争ってたあの頃、ウィッチウォッチで検索しても不評が目立ったあの頃、小さな1票とは言え貢献できてたのかな嬉しいな!!もうなんか、私がずっとずっと大好きだった作品が、みんなが大好きな作品になっていってくれてるのが目に見えて幸せだな!!!!

 

引用元:Twitter

こんなに、多くの読者が、掲載順位やアンケート結果などを気にして、一喜一憂していることを初めて知り驚きました(>_<)

そして、ファンの方々の漫画愛もひしひしと感じました!

 

みなさんつぶやかれているように、一時は「打ち切りになるかも?」と噂になった『ウィッチウォッチ』ですが、作品の面白さが増し、掲載順位も爆上がり!

コミックスの売り上げも上々で、このままの調子で行けば、打ち切りになることはないであろうと思われます(^^)

 

むしろ、今後アニメ化などへの期待感が高まってきたのではないでしょうか?

 


スポンサーリンク

【ウィッチウォッチ】作者死亡キーワードについて考察

最後に、タイトルに掲げた“作者死亡”に関しての情報は一切ありませんでした!

たぶん、打ち切り=死亡フラグ的な感じで、つぶやかれた方がいて、サジェストに上がったのではないかと思われます(>_<)

 


スポンサーリンク

まとめ

 

連載開始時は、高い人気が得られず、「打ち切りになるかも?」と噂された『ウィッチウォッチ』でしたが、作者及びファンの努力もあってか、あるいは、本来の面白さがじわじわと伝わってきたからか、現時点では、打ち切りの事実も、可能性も低いと思われます(^^)

漫画の世界もなかなかシビアなのですね~

\マンガを40%オフで読んでみる/

↓↓↓大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください