弱虫ペダル【映画】原作のあらすじネタバレと感想も!出会いが坂道を変える?

夏に公開が決まった映画『弱虫ペダル』

キャストも豪華で、公開が楽しみの一作ですね

スポンサーリンク

弱虫ペダル【映画】原作の結末ネタバレ

 

小野田坂道は穏やかな総北高校での高校生活を送りたかった。

学校へ通う坂道。

学校が終わっていくところは決まっていた。

それは秋葉原。

電脳街と言われている所である。

メイドなど好きな癒しの場所だ。

フィギュアもあるし、それにトラコーンの1巻がでるし、と興奮気味の坂道。

それをいち早く手にいれることを思い描いている。

 

そこへ部活をしている柔道部かなにかがすごい勢いで走りさる。

声の大きい所はドキドキしてだめだ。

坂道はみんなが通って帰るところとは別の道で帰る。

音楽を大きな音で聴いていたので、後ろの車に気がつかずに草の中に飛ばされてしまう。

車の人が出てきて、大丈夫かと言ってくるので、運転手に朝練でと言っている生徒は車で送ってもらっている。

運転手の高橋にこんなところに人がいるとはと言っている。

斜度が20パーセントというすさまじい坂に人が登れることはないと言う。

坂道はぼろぼろの身体だった。

 

中学の時はアニメが好きな坂道だったが隠していた。

でもこの高校生になったらアニメをとことん話せると考えていた。

秋葉原が好きで学校からも近いしと喜ぶ。

でも部員が少ないので廃部寸前でしていない状態だ。

泣いている坂道。

5人入ればできると思う坂道。

でも運動部の人と間違える始末。

 

そこへ朝車で送ってもらっている今泉俊輔が現れた。

大会で準優勝をしていた今泉。

自転車を持って運ぶ今泉。

その前を坂道が自転車をおして帰っていた。

 

同じスタート地点についた坂道と今泉。

小野田ですと挨拶して裏の方から帰るという坂道にどういうことだと言い出す坂道。

傾斜に転げる坂道。

でもその坂道は転んで顔を上げると秋葉原に無料でいけるのでと嬉しそう。

その様子に今泉は顔がどういうことだと思っている。

坂道のことを心配したがでもと思い直していた。

秋葉原までは45キロもあるのだ。

こんなママチャリで行くなんて無謀だと思う今泉。

財布を忘れたと言っていた。

でも今泉は訓練で測りながら上がっているが、そこへ鼻歌のようなものが聞こえていた。

 

こんな感じの坂道に興味を持った今泉。

そこで坂道が勝つことができたら、アニメ研究の部に入ってくれるという条件をだした。

普通の家庭の小野田坂道だったが、家の前にとんでもない坂道があったのだ。

自転車でいくとその坂道を上るのに足をついてはいけないという風に遊んでいた。

でも友達を作りたいと言っても苦手なやつだったと思う。

小野田はこう思われていた。

 

その頃小野田は今泉との激闘をしていた。

でも裏門坂の激闘には負けてしまう。

でも自転車はこんなに面白いのかと感じていた坂道。

秋葉原での出会いがあった。

それは関西弁の赤い髪の鳴子だった。

タバコの吸い殻に激怒した鳴子はそれを追いかける。

そんな鳴子を見てやはり自転車の面白さに気がつく坂道。

そこでやっと自転車の競技の部に入ることにしたのだ。

 

一年のウエルカムレースの対決の際に、用意していた自転車が到着しないので小野田はある自転車で参加していた。

走り専用の自転車に乗る小野田坂道。

これまでの自転車とは違った走りが目覚める坂道。

鳴子と今泉とのグループに入れる。

そこで鳴子と今泉は負けん気が燃え出した。

経験者の今泉と初心者の坂道との対決。

今泉に勝利した。

でもリタイヤになってしまうがでも坂道は気持ちは晴れ晴れしていた。

 

次の日にはまた金城からの凄まじい個人練習が待っていた。

そして合宿が行われていくことになる。

箱根の合宿で坂道が好きな真波山岳と出会う。

でもその4日の合宿は1000キロもの距離を走らないといけないのだ。

凄まじい合宿に今泉、鳴子も苦戦する。

山岳と坂道は夏のインターハイへ行こうと言って約束をした。

1年生の追いあげに対しての2年の手嶋と青八木の壁。

それに食い下がる坂道は自分の体のことはどうでもいいというくらいのアタッカーになる。この効果で2年生に勝った。

2年生は1年生にインターハイを託すのだった。

 

坂道ははじめメンバーには入れなかったが、でも意外性をくまれてメンバーに入れたのだ。

坂道はそのプレッシャーに恐れをなしていたが、でも協力がこのメンバーの中でできることだと認識した。

総北のメンバーはみんなでインターハイを目指していく。

金城と箱根の福富とのライバル関係の因縁があった。

そして待ちに待ったインターハイが始まった。

金城と福富。

そして坂道には山岳。

今泉は御堂筋とのライバル関係があった。

このインターハイの勝者になるものとは、、。

 原作に対する感想

弱虫ペダルという題からとても気になる題であり、読んでみてもとてもわくわくします。
この自転車というものをここまで愛している若人たちの姿が印象的です。
初めに秋葉原にいきたいということだったのにここまで真剣になってしまうのが人生分からないものだなと感じています。
でも始めるにあたっては出会いがあるので、今泉との出会いがとても重要だと思いました。
それにアニメ研究会というのが少し可愛く思えていいです。
微笑ましい坂道の優しい性格と容姿が癒し系だと思います。
楽しいわくわくする作品です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください