ゾンビバエはヒアリの天敵で日本にいる?どんな生態と能力を持ってる?

こんにちは!aikoです。

 

今、日本を騒がしている”ヒアリ”。

 

猛毒を持ったアリ”ヒアリ”が先日、日本で見つかりましたね。

外国からくるコンテナにくっついて日本へ入国したとか。

 

ヒアリは人間をも死に至らせるほどの

毒を持っていて、とても危険な虫です。

環境局が危険を呼びかけるということは

よほどヤバい虫なのでしょう。

 

見つけても絶対手で触らないでくださいね!!

 

すぐ、最寄りの保健所に電話して対応してもらいましょう。

 

 

スポンサーリンク

天敵は「ゾンビバエ

 

そんな無敵なヒアリにも天敵がいます。

哺乳類のアリクイも天敵ですが、

ヒアリにとってもっと恐ろしい天敵は

ゾンビバエです。

 

ゾンビバエとは

小さいハエのことを総称して「コバエ」といいます。

コバエには、

ショウジョウバエ・キノコバエ・チョウバエ・ノミバエなど

たくさんの種類があります。

その中の「ノミバエ」。

ノミバエは日本で約20種類、世界で約2400種類もいます。

ゾンビバエはノミバエの一種なのです。

 

ゾンビバエの生態は

ゾンビバエはヒアリが出すフェロモンが大好物です。

フェロモンを察知して巣を見つけ出し、ヒアリの体に卵を産み付けます。

 

ゾンビバエは対象0.5ミリ程度。ヒアリよりも小さいです。

ヒアリのおなかにトゲを突き刺して、

その瞬間約200個もの卵を産み付けます。

 

孵化した幼虫は、ヒアリの体液を吸って成長。

 

ヒアリの頭部に移動して、脳みそを食べながら酵素を分泌します。

ヒアリの頭の中はドロドロに溶かされて、

最後は頭が転げ落ち、落ちた頭の口から

たくさんのハエの成虫が現れます。

 

ゾンビバエは1日以内に孵化できて、

孵化から成虫になるまで2週間かかりません。

寿命は10日ほどのようです。

 

 

スポンサーリンク

ゾンビバエは日本にいるの?

 

ゾンビアリは

ヒアリがいるブラジルのアマゾンに生息しています。

ここでは天敵ゾンビハエがいるので、

ヒアリの被害は少ないです。

 

残念ながら?今はまだゾンビバエは

日本にはいないようです。

 

ヒアリ駆除のために輸入する?

アマゾンと同じ要領で、日本にゾンビバエを連れてきて

ヒアリを駆除しようという意見もあります。

 

確かに「ヒアリを駆除」するという視点では

抜群の効果がありそうですが、

爆発的にゾンビバエが増えるのも困ります。

 

しかし、獲物はヒアリだけなので

ヒアリが減れば自然にゾンビアリも減るだろうという

見方もあります。

 

そうはいっても外来種になるので

日本の生態系に何かしらの影響がある気がしてなりません。

 

サムライアリがヒアリを撃退?!日本の在来種の生態や習性とは

まとめ

 

この先、ヒアリの日本への影響が気になります。

ゾンビバエは日本の救世主になってくれるのでしょうか。

 

ヒアリ駆除のもっといい方法を

誰か思いついてくれたら、一番いいのになー(><)

 

ヒアリ対策の毒餌の効果は?もしも家に入ってきたらどうする?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です