成田瑛基と韓国の関係は?空手がすごくてボクシングも得意でかっこいい!

 

2007年に映画デビューした成田瑛基さんが、身長が高くてイケメン!と話題になっています。

韓国人なの?とも言われていますが、実際はどうなのでしょうか?

今回は、そんな疑問もふまえつつ、空手が凄い成田瑛基さんについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

成田瑛基について

  • 生年月日:1989年8月10日
  • 出身地:神奈川県
  • 職業:俳優
  • 身長:187cm
  • 所属事務所:アパッチ
  • 趣味、特技:空手、テコンドー、サッカー、韓国語、ボクシング

 

成田瑛基さんの出演作は、激しいアクションシーンや喧嘩のシーンなど、身体能力の高さがないと出来ないような様々なシーンが多いです。

生まれもった体格と幼少期から頑張り続けた特技の空手などが、大人になって、仕事に活かされる様になりました。

【映画】

  • 2007年「パッチギ!LOVE &PEACE」
  • 2009年 「ハゲタカ」
  • 2010年 「誘拐ラプソディー」
  • 2011年「家族X」「カイジ2人生奪回ゲーム」
  • 2012年 「莫逆家族」
  • 2013年 「ジョーカーゲーム脱出」
  • 2014年 「クローズEXPLODE」
  • 2015年 「ズタボロ」
  • 2016年 「さらばあぶない刑事」「セトウツミ」
  • 2017年 「関ヶ原」「デメキン」
  • 2019年「アイネクライネナハトムジーク」

【ドラマ】

  • 2010年「龍馬伝」第39話
  • 2012年「再会」
  • 2013年 「相棒season12」「全身編集長〜文豪から学ぶオトコの生き方〜」
  • 2015年「最強のふたり」
  • 2016年「ドクターカー」「子連れ新兵衛2」
  • 2017年「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命」

【舞台】

  • 2013年「大江戸に降る雪」「東京梨畑〜炎のアルゼンチンタンゴ〜」
  • 2014年「underground love song」

 

成田瑛基と韓国の関係は?

 

「成田瑛基」と調べると、「韓国」のキーワードが出てくるので、気になって調べてみました。

しかし、成田瑛基と韓国との関係は、全く情報がありません。

特技が韓国語であることや、韓国人系寄りの顔立ちなので、韓国人なのか?という疑問も話題になっているので、そのあたりから「韓国」のキーワードが出てくるのかもしれません。

 

成田瑛基さんのデビュー作である「パッチギ!LOVE &PEACE」は、2007年に放映されています。

2004年のパッチギの続編となり、とても人気がある映画でした。

在日コリアンの日常的な生活の事や、日本人との差別化の問題など、続編となる今回の作品は前回とはまた違って、濃密なリアルな物語となっています。

この作品で、芸能人は何故在日を隠すのか?と映画内で疑問に問われていた後から、芸能界でも在日の人たちが、次々と「私は在日である」という事実を告白してきました。

日本人は、在日と聞いてイメージを悪くする人が多いので、なかなか告白するのに勇気が必要です。

もしかしたらの想像ですが、成田瑛基さんもじつは在日の方で、韓国語が上手なのかもしれません。

韓国語を学ぶ機会があって、純日本人でありながら韓国語が上手という可能性は高いですが。

 

成田瑛基さんが韓国とゆかりがある事には間違いない様ですが、韓国人なのか?ハーフなのか?などについては、ハッキリとした答えが出ませんでした。

分かり次第、追記いたします。

 

スポンサーリンク

成田瑛基は空手実力者?

成田瑛基さんの趣味である空手は、幼少期から始めました。

小・中・高・大学生と日本一の成績になるほどの腕前(*^-^*)

「クローズEXPLODE」や、メインキャストとして出演が決まった「ズタボロ」では、喧嘩のシーンが見どころになっています。

成田瑛基さんのケンカの動きなどを見ていると、空手との共通点がいくつかあるので、空手の実績が日本一になっただけの事はあるのが分かります。

 

空手の他に、ボクシングなども得意という事で、2019年9月に全国公開される「アイネクライネナハトムジーク」小野学役で出演しています。

twitterにも動画として掲載されていますが、映画を始める時はボクシング初心者だったとか。

必死に毎日練習している映像で努力しているのが分かります!

特技になるまでボクシングを自分のものにしてしまうのは、凄い努力をした成果ですね。

映画アイネクライネナハトムジーク の原作ネタバレ感想!感動の結末に涙!

2019年8月16日

 

まとめ

 

成田瑛基さんは、ハードなアクションも次々と演じていき、様々な映画・ドラマ・舞台で活躍しています。

2016年までは、今まで日々頑張ってきた空手を発揮できるような激しい系の映画が多かったのですが、2016年に出演した映画では、今までとは全く違う役に挑戦するという事もあり、一躍注目されていました。

見事に、監督が納得のいく役通りに演出できた事に対して成田瑛基さんも満足のいく結果となりました。

このドラマの役を達成した事もあって、2016年に絶対にブレークする若手イケメンと言われるようになり、話題になりましたよね。

187cmの高身長にイケメンとあって、目立たない訳がありません!

たくさんの人が観る映画やドラマを観る人達が増えたことで、ドンドン「成田瑛基」の名前は知られてきています。

演技も上手なので、色んな役をこれから演じて楽しませてくれるでしょう。

何事にも前向きで努力を常に忘れない成田瑛基さんに期待していきましょう♪

アイネクライネナハトムジーク【映画】森絵梨佳の演技力は上手い下手どっち?

2019年8月17日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です