るろうに剣心【映画】歴代の主題歌は?最終章もワンオクロック?

 

2021年4月12日 更新しました!

 

ついにシリーズ完結作となる『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』の公開が4月23日に迫り、歴代に引き続き主題歌をワンオクが担当することが発表されました!!

そこで、ONE OK ROCKの約2年振りの新曲「Renegades」と、これまでの主題歌についてまとめます(^-^)

 

るろうに剣心【映画】最終章The Finalの主題歌は「Renegades」!!

 

 

「るろうに剣心」シリーズすべての主題歌を担当してきたONE OK ROCKが今作のために書き下ろしたのは「Renegades」!!

(読めない方のために・・・)“レネガデス”反逆者などの意味があります(^.^)

世界中のさまざまな問題と対峙し、既存のシステムに疑問を呈する反逆者たちのアンセム(応援歌)です。

 

ボーカルのTakaが「全力で書き下ろした」と語るこの作品には、イギリスのシンガーソングライターであるエド・シーランが携わっているんです!!

エド・シーラン(エドワード・クリストファー・シーラン)は、現在30歳。

幼い頃からギターを習い、11歳の時から作曲を始め、16歳の頃には路上ライブを行っています(^^)

デビューは、2011年20歳の時。

その後、制作したアルバムがイギリス・アメリカのアルバム・チャートで初登場1位を獲得するなど、活躍は目覚ましく、「グラミー賞」は4回も受賞しているんです!!

 

2019年に開催されたエドのアジア公演に、ワンオクが出演したことをきっかけに親交を深め、今回の共作に至りました(*^^*)

制作は、イギリス郊外にあるエドのプライベートスタジオで行われたんです!

 

日本のみならず、海外レーベルとも契約し、ワールドツアーを成功させるなど、世界中で活躍しているワンオクですが、最近はロックを超越し、EDMなども取り入れ変革をみせています(^^)

でも、今作は、第一作の「The Beginning」を彷彿させるような、疾走感があり、公開されたティザー映像を見たファンの期待感もどんどんと高まっています(^-^)

 

 

「Renegades」は、4月16日に全世界に配信リリースされ、You Tubeではミュージックビデオの本編がプレミア公開されます!!

 

スポンサーリンク

るろうに剣心【映画】歴代作のワンオク主題歌

 

これまでの『るろうに剣心』の主題歌を振り返ってみます(^.^)

 

第一作『るろうに剣心』

・2012年8月25日公開

・『The Beginning』

 

 

ワンオク7枚目のシングル『The Beginning』には、「改めてここで自分たちをリセットしつつコンティニューしたい」という気持ちが込められています。

歌詞は、『るろうに剣心』とのタイアップが決まってからつけられたんだとか(^^)

 

ボーカルのtakaさんと主演の佐藤健さんは、クリスマスを一緒に過ごすほどの仲良し(*^^*)

「彼(佐藤さん)が一生懸命頑張った映画に対して、ONE OK ROCKは何をできるかを考えるだけだった」とtakaさんは語っています!!

 

その歌詞の8割は英語!!なのに、人斬り時代のしがらみに苦しみながらも、守るべきもののために闘う剣心の覚悟がヒシヒシと伝わってくるのがすごいですよね~

Takaさんの圧倒的な声量が野性的でありつつもクールでカッコいいです(^^)

 

10年経った今でも、人気は根強く、2021年3月時点でのミュージックビデオの再生回数は、1.7億回を超えています(>_<)

 

第二作『るろうに剣心 京都大火編』

・2014年8月1日公開

・『Mighty Long Fall』

 

 

ワンオク9枚目のシングルですが、この曲以降、シングルリリースはしていないので、ある意味貴重??

1作目に比べると、しっとりした感じで始まります!

そして、サビで、一気にボーカルがさく裂します(@_@)

 

「Mighty Long Fall」とは、直訳すると「奈落の底」になるのですが、他の洋楽同様、歌詞を直訳するとなんかおかしくなりますよねww

実は、浮気性の女性との恋に落ちた男性の葛藤を歌っているんだとか。

ワンオクの歌詞を、自分なりの解釈で和訳する方も多く、映画の内容とシンクロさせて奈落の底に落ちそうなギリギリのところで、もがいている様子を表現しています(^-^)

 

この曲は、アメリカで制作の初期段階から、ジョン・フェルドマンをプロデューサーに迎えて作られ、ワンオクが世界進出を果たすきっかけとなったと言っても過言ではありません(^^)

 

第三作『るろうに剣心 伝説の最後編』

・2014年9月13日公開

・『Heartache』

 

 

第二作との2部作となるこの作品は、前作とはイメージが異なったバラード調に仕上がっています(*^^)

「Heartache」こちらも直訳すると「心の痛み」なんですが、愛する人を失った深い悲しみという意味で使用されます。

切なくて胸に刺さる曲調ですね~

 

元々ボーカルのtakaのスキルは定評がありましたが、スローバラードによって、より卓越した才能が、評価された1曲でもあります!!

 

 

第一作が決まった時、takaさんは「この先自分の人生において何かが始まるかもしれない」と感じ取ったんだとか。

その予感の通り、ONE OK ROCKと『るろうに剣心』シリーズは、切っても切れない関係となっていまいました!

映画もワンオクも、世界に羽ばたいていったという印象ですね(^^)

 

まとめ

 

こうなると、The Beginningの主題歌も当然ワンオクの曲であると考えられますが、完結作なので、この先タッグは、もうないのかと思うと寂しい気持ちになります。

でも、原点に回帰した様な「Renegades」を聞き、また第一作から振り返って鑑賞すると言う楽しみ方も出来ますね(^^)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください