辻沙穂里アナウンサー【毎日放送】は慶應義塾大学出身で囲碁の達人?

 

2018年入社の新人アナウンサーたちが研修を終えて、ぞくぞくテレビに出だしていますね!

大阪の毎日放送(MBS)は毎年アナウンサーを採用している局ではなく、今年は3年ぶりの採用となりました。

 

今回はMBSの新人・辻沙穂里アナについて!

 

スポンサーリンク

辻沙穂里アナ

  • 辻沙穂里(つじさおり)
  • 生年月日:1994年5月17日
  • 出身地:東京都
  • 東京学芸大付属高校卒
  • 慶應義塾大学商学部卒

 

大学時代

1994年生まれなので一浪したのかな・・・?

慶應義塾大学は福沢諭吉が大元の大学。

「独立」「実学」などを重んじる福沢教育。

産業社会が抱える問題を自ら発見し、解決案を提示し、実行する能力、そして高い倫理観と責任感を兼ね備え、新しい社会を創造できるリーダーを育てること。それが商学部の目標

引用元:大学公式サイト

慶應商学部は必修科目が少なく自由に科目選択をしやすいという特徴があるようです。

自由な時間が作りやすく融通が利く=充実した大学生活が送れるにつながります。

しかし1.2年で基礎を、3.4年で発展応用を学ぶので、それなりにしっかり真面目に取り組まないといけないようになっているとか。

分野も広く、有名教授や講座などがありゼミも充実。

自分の時間も作りやすい、自分の学びたいことも見つけやすく楽しい勉強ライフも送れるというのが慶應商学部。

中身の濃い4年間を送れること間違いなしですね。

有名人に慶応義塾大学卒の人が多いのが分かる気がしますね。

 

そんな環境の中、辻アナは大学時代はテレビ朝日アスクを受講

大学3年時にはBSフジの第30期学生キャスターを2016年5月18日から水曜日担当として半年間務めました。

 

 

囲碁

辻アナを検索すると、「囲碁」のキーワードが出てきます。

囲碁の達人なのか??

 

辻アナは6歳から囲碁を始め、小学生でアマ6段という腕前に。

高校の時は全国高校囲碁選手権優勝。

 

幼いころから囲碁の棋士を目指し、緑星囲碁学園にも通っていました。

解いた詰碁は3万題を超えるそうです。

でも「6歳から囲碁ばかりをやっていて、私の人生は囲碁一色で大丈夫なのか」と不安になって囲碁から離れます。

その後高校で復帰し、チャンピオンに。

「囲碁はやり切った」と将来の目標を、棋士以外に心にあったアナウンサーに変更したそうです。

囲碁は先を読んで打つ勝負。

「つねに相手の行動を予測して自分の動きを決める」の繰り返しです。

いろんな手も考えておかねばいけません。

これはアナウンサーにも通じるところがありますよね(*^-^*)

インタビューした相手の返事によっては対応を変えなければいけませんから。

囲碁でつけた力は、この先の辻アナを助けてくれるはず(*^-^*)

 

スポンサーリンク

アナウンサーとして


7月23日にMBSラジオで“初鳴き”。

午後1時台のニュースを3分間担当しました。

 

7月26日の番組「ちちんぷいぷい×VOICE みんなでとびだせっ!夏の5時間ぶち抜きスペシャル」でテレビ初出演

 

情報番組「ちちんぷいぷい」の新企画「ぷいぷいデパ地下部」に9月末まで、隔週水曜に登場しますよ~\(^o^)/

 

4が月の研修中には、関西を知ろうと神戸や大阪の街を何度も歩き回ったそうです。

東京出身の辻アナは、”オチを付けるくせ”がないとか。

関西独特ですよね、オチをつけるのは。

名古屋も特にオチにこだわりませんし(笑)

 

なので、”ほんで?”とオチを期待?されるのが怖いとのこと(;’∀’)。

分かる気がします・・・。

先を読む囲碁の力で、”神対応”出来るようになることを期待していますよ!!\(^o^)/

 

 

まとめ

 

辻アナのモットーは、「夢はいつも全力で手を伸ばした1mm先にある。継続は力なり」

努力をつねにするということですね。( ..)φメモメモ

向上心の高さがうかがえます。

 

これから関西に染まっていくであろう辻アナの変化も見逃せません!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です