燃えよ剣はつまらないか面白いかどっち?感想や評価のネットまとめ

 

5月22日公開予定の映画『燃えよ剣』!

原作は司馬遼太郎さんの同名の小説で、これまで何度か映画化やドラマ化されています。

感想をまとめ、面白いのか?調べました~(*^^*)

 

司馬遼太郎作小説「燃えよ剣」は面白い?

 

小説『燃えよ剣』は、新選組の副長・土方歳三の生涯を描いた歴史小説です!

1962年11月から1964年3月にかけて『週刊文春』で、連載された後、文藝春秋新社から刊行されました(^-^)

 

それまでは史料などから、幕末の「新選組」は人を斬る集団ということにばかり注目され、あまり良いイメージではありませんでした・・・

でも、『燃えよ剣』とその後に刊行された同じく司馬遼太郎さんの『新選組血風録』によって、一気に新選組の人気に火がついたのです(^^)/

 

それから今日までの間、司馬さんの代表作としてドラマや映画、舞台で演じられてきましたし、小説は長い間たくさんのファンに読まれてきています!!

読まれた方のほとんどが「面白い」と感想を述べています!

 

前半は、若き日の土方歳三が如何にして「新選組」の副長にまでなったのかが書かれていますが、特に強調されている喧嘩っ早さと女たらしぶりには、やや閉口してしまう記述もあります(>_<)

そこは「必要?」という感想も見られました・・・

 

「新選組」になってからは、斬って斬って斬りまくるエネルギッシュな土方に圧倒される一方で、沖田総司との関りが微笑ましいと好印象!

でも、近藤勇の描写が、実際よりカッコ悪い!という意見もあります(>_<)

 

後半は土方の執念が伝わり、涙を流しながら小説を読んだ人もいたようです。

そのくらい小説『燃えよ剣』は、面白く、その後の「新選組」を描いたたくさんの作品に影響を与えました!!

 

「燃えよ剣」ドラマや映画・舞台は面白い?

 

『燃えよ剣』が映画化されるのは、1966年以来今回で2回目。

前作から54年の時を経て、再びスクリーンに登場します!!

 

また、1966年、1970年、1990年とこれまで3回ドラマ化されています。

2004年には、舞台でも上演されています!!

 

これまでの映画やドラマについては、時代的に当時の感想は残っていません。

でも、後にDVD化された作品を見た人たちからは、1966年に土方歳三役を演じた、栗塚旭(くりづかあさひ)さんが、再び土方を演じた1970年のドラマが大絶賛されています(#^.^#)

実は1966年の映画は、短い時間の中でいろいろと詰め込み過ぎて、消化不良になっているのでは?と言う声が多くきかれました・・・

再演となるドラマは司馬遼太郎さんお墨付きと言うこともあり、土方役の栗塚さんも映画の時より魅力的に描かれていたようです。

 

「何年もの時が経っても何回見ても感動するほどの面白さがある」と言われています!

 

また1990年、お正月の特別ドラマとして2日間に渡って放送された『燃えよ剣』は、役所広司さんが土方を演じました(^.^)

初めてこの作品に出会った人にとっては、役所広司さん演じる土方がとても印象の残っているようです!!

2004年の舞台で、土方を演じたのは上川隆也さん!!

 

この長いと言えば長い土方の一生を、約3時間の舞台で表現するのです!!

どんな風になったのか、見てみたかった(^-^)

殺陣のシーンなど演出が工夫され、全く時間の長さが感じられないほどスピード感のある舞台だったと感想が見られました!

舞台の燃えよ剣、上川隆也がめちゃくちゃかっこよかった… 映画はどんな感じかな

 

久しぶりに『燃えよ剣』を読んだらやっぱり面白くて…また長風呂(笑) 昔、上川隆也が舞台でやったのを観たな。格好良かったな。上川さんの土方は好きだな。

引用元:ツイッター

 

映画・ドラマ・舞台、どんな表現でも、とにかく土方がカッコいい!

と言うのが共通の感想です。

きっと、脚本や演出でそれぞれの出来上がりは違うのでしょうが、やはり面白い!!というのが結論です(^^)/

燃えよ剣【映画】原作のあらすじネタバレを詳しく内容説明!土方歳三にギャップ萌え?

2020年2月29日

 

岡田准一主演・燃えよ剣【映画】面白い?

 

さて、これほどまで今までの作品が「面白い!」と絶賛されている『燃えよ剣』。

土方を演じる岡田准一さんは余程のプレッシャーだと想像できます(>_<)

土方役を演じるに当たって、岡田さんは「土方の人生を覚悟と畏敬を持って楽しんで演じたい」と語っています。

土方役は初めての挑戦ですが、これまで映画「関ケ原」や「散り椿」で、素晴らしい剣さばきを披露(*^^*)

どんな土方を演じるのか、楽しみでしかありません!!

 

また注目すべきは、他の配役の豪華さです!!

近藤勇役の鈴木亮平さん、沖田総司役の山田涼介さん、芹沢鴨役の伊藤英明さん、松平容保役の尾上右近さん・・・イケメンオンパレードです(>_<)

また、徳川慶喜役には山田裕貴さん、斎藤一役には松下洸平さんと、朝ドラで注目された俳優さんも抜擢されています!!

監督・脚本は『日本のいちばん長い日』や『駆け込み女と駆け出し男』で、数々の賞を受賞した原田眞人さん!!

元は映画評論家ですが、翻訳をやったり書籍を出版したり、なんと『ラスト・サムライ』で俳優デビューもしているんです(*^^*)

 

そんな多才な原田さんが作り出す世界は、かつて樹木希林さんも絶賛しており、どんな作品に仕上がるのかとても期待が持てますね~

【映画】燃えよ剣のロケ地を聖地巡礼!撮影場所は岡山や滋賀や京都?

2020年3月5日

 

スポンサーリンク

まとめ

 

『燃えよ剣』は面白いか?を、いろんな観点から探ってみました。

原作はもちろん面白い!

そして、映画も面白くなるのは間違いありませんね(^-^)

燃えよ剣【映画】池田屋事件と鳥羽伏見の戦と五稜郭の戦を分かりやすく説明!

2020年3月6日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください