【アニメ】異世界薬局の最終回結末ネタバレ予想!すべては最初に戻る?

 

2022年アニメ化が決まっている漫画『異世界薬局』の原作は、同名の小説です!

小説も漫画もまだ完結していません(^.^)

最終回の結末がどうなるのか、とても気になりますよね~

そこで今回は、原作の小説を参考に、漫画の最終回がどんな結末になるのか予想していきましょう!

 

ネタバレが含まれますのでご注意下さい。

\マンガを40%オフで読んでみる/

↓↓↓大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】


スポンサーリンク

【異世界薬局】8巻までのあらすじ

 

異世界で、10歳の少年・ファルマに転生した、薬学研究者の薬谷完治は、それまでの薬学の知識に加え、病気を透視する能力や、物質を創造したり、消去したりする能力を身につけ、チート薬師として、異世界の人々を救う覚悟を決めました!

ファルマは、宮廷薬師の名家ド・メディシス家の次男で、薬師見習い!

地球に例えると、中世のヨーロッパのような異世界は、誤った治療法が蔓延り、怪しい医療行為が行われ、庶民には、効果のある薬が手に入らないような社会でした(>_<)

 

この世界の貴族は、神術を使え、ファルマは水の神術の使い手でしたが、転生時に雷に打たれたことで、神レベルの能力を身につけます!!

そうして、皇帝の不治の病を救ったことがきっかけで、異例の宮廷薬師として認められ、皇帝の勅許を得て、「異世界薬局」を開業することになりました(^^)

 

家庭教師のエレン、召し使いのロッテ、元上級使用人のセドリックや薬師たちの協力の元、「異世界薬局」は、貴族も平民も分け隔てなく治療する薬局として、人々に受け入れられていきます(^-^)

 

しかし、中には、自分たちの仕事を奪われたと、憤りを感じる薬師たちもいて、順風満帆とまではいきませんでした。

それでも、ファルマは、一人ひとりの病気と向き合い、知識と神術を使いこなしながら、たくさんの病人を助けていったのです!

そんな、異世界の帝国に、感染病である「黒死病」(ペスト)が上陸し、破滅の危機に直面します(@_@)

帝都の薬師は、もはや滅びるのを待つしかないのかと、諦めていましたが、既にペスト菌の存在や、その治療方法を知っていたファルマは、帝国の薬師たちを始め、たくさんの人々と力を合わせ、「黒死病」の終息を目指すのです!

 


スポンサーリンク

【異世界薬局】今後明かされる謎は?

 

異世界に転生する物語は、数多く存在します。

その中には、特に理由はなく、偶然転生してしまった場合もあれば、必然性があって転生した場合もあります(^^)

 

後者の場合、ストーリーが進んでいくうちに、なぜ主人公が転生されたのかが明かされていきますが、『異世界薬局』も薬学者が薬師に転生した時点で、絶対関連性があると思うので、その理由がいつか明かされるのではないかと思います!

ファルマは、この時代にはなかった医療器具や薬などを作ったり、病気を見つけたりして、たくさんの人々を助けるのですが、本来は、別の人物が発見したり、作成したりしたもの(>_<)

地球とは別の世界の設定ではありますが、このことで、未来は変わるのでしょうか??

念のために、発見者の名前がついている病気や薬には、別名をつけていましたが・・・

 

そして、一番の謎は、ファルマは本当に薬神なのか??ではないでしょうか?

異世界にも、神殿が存在しますが、生後まもなく行われる洗礼儀で、守護神を鑑定し、神脈を開き貴族としての資格を与えたり、資質に欠ける貴族の神脈を、強制的に閉じたりすることが出来ます!

 

また、各国の国王や皇帝を選定し、権杖、帝杖、王冠、帝冠を授けるのも神殿なのです!

神殿の権力は帝国をも上回るほど絶大で、そこに仕える神官もまた、悪霊を制圧したり、異端者を粛正したりします(>_<)

 

そんな神殿や神官に、なぜかファルマは狙われています!

ファルマが薬神ではないかと言う噂が原因のようですが、真相はいかに??

 


スポンサーリンク

【異世界薬局】最終回結末を予想!ファルマはどうなる?

 

今後の展開としては、ファルマは、帝国の人々を助けるとともに、自らの知識を周りの薬師や後世に伝えるべく、教科書などの作業を淡々と続けていくことでしょう。

そして、物語的には、読者が謎と感じている部分の解明や、伏線の回収が進んでいくことと推測されます。

漫画では、やっと「黒死病」が終息した段階ですが、小説を読み進めると、より深く神殿や薬神の謎を解き明かしています!

 

やがて、ファルマは運命を悟り、自らが犠牲になる道を選ぶのですが、もし、そうなったとして、なぜ、ファルマや薬谷でなくてはならなかったのかがわかりません・・・

 

薬谷は、幼少期に脳腫瘍で妹を亡くしています(T_T)

そのことがきっかけで、多くの人を救う薬を作りたいと、薬学の研究の道に進み、志半ばで、過労死してしまいました!

もしかしたら、自分の死を悔いた薬谷の魂が、せめてもっと早く、妹を救う薬を作ることが出来ていたならとさまよっているうちに、ファルマに転生したのかもしれません!

その場合、場所や時代などが何故?となってしまいますがw

どちらにしろ、その理由を明確にすることで、目標を達成した薬谷の魂は、無事に成仏するのではないでしょうか?

その時、ファルマはどうなるのか?

 

実際、ファルマの体は、徐々に透けてきています(>_<)

雷に打たれた時、既にファルマの命が尽きていたとしたなら、その状態に戻るのが、自然な流れかもしれません・・・

そして、人々の記憶も、徐々に書き換えられ、ファルマの活躍は、ブリュノやパッレ、エレンの功績として残るのではないかと予想します(^^)

 


スポンサーリンク

まとめ

 

異世界に転生した薬谷は、ファルマとして、目覚ましい活躍をしました!

それは、現世で薬谷が成し得なかったことであり、その魂がリベンジを図ったとしたのなら、十分な仕事になったと思います(^^)

薬谷もファルマも、あの時に命を落としたという事実は、結局捻じ曲げることは出来ないので、最後は2人の魂は無事に土に帰り終わりを迎えるのではないかと思います!

\マンガを40%オフで読んでみる/

↓↓↓大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】

【異世界薬局】関連記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください