【チェンソーマン】マキマの生まれ変わりはナユタ?人格だけか本人なのか?

 

チェンソーマンと言えども、支配の悪魔「マキマ」に勝つことはないのではないか・・・と思い、読み進めていましたが、とうとうその日はやってきました!

そして、デンジの前に現れたのは「ナユタ」と言う少女!

岸辺さん曰く、「支配の悪魔」(・_・)

と、いうことは、マキマの生まれ変わり??

 

※この記事はネタバレが含まれますので、最終話まで読み終えていない方はご注意下さい。

 

【チェンソーマン】輪廻転生!悪魔は生まれ変わる?

天使の悪魔によれば、『チェンソーマン』の世界の悪魔は、地獄と人間の住む世界を輪廻転生していて、一方の世界で死んでも、もう一方の世界で生まれ変わるらしい・・

・・・らしい、と言う表現なのは、転生する際に記憶は引き継がれないからです。

 

最終話において、転生した「支配の悪魔」と言って、岸辺が「ナユタ」と言う名の少女をデンジの元に連れて来ました!

「そっか・・マキマさんはいなくなったけど、今度はナユタとして生まれ変わったのか~」と最初は思いましたが、マキマは人間の世界で亡くなったので、地獄で復活しているはずです。

再び人間界に現れるためには、また地獄で死を迎えなくてはいけません(>_<)

 

そんな簡単に出来ることなのでしょうか??

 

でももしも私が悪魔だったら、マキマほどの悪党のことは僅かでも覚えていて、地獄に戻ってきたら復讐してやるぞ!!って思うかもww

そう考えると、地獄で待ち伏せていた悪魔達が、秒でマキマを地獄から追いやることも無きにしも非ず?

しかも、この行き来は何度も繰り返されているようなので、もしかしたら岸辺さんはマキマが戻ってくると察していて、ナユタを探したのかもしれません(>_<)

マキマのことも他の人より詳しいようですし、第2部ではもう少し詳しく描かれるかもしれませんね!

 

スポンサーリンク

【チェンソーマン】ナユタはマキマの生まれ変わり?

 

生まれ変わり説には、若干疑問も残りますが、ナユタがマキマ本人か、マキマの人格を引き継いだかのどちらかであることは間違いないと思っています(^-^)

逆にこんなに分かりやすい?と思う程その要素はたくさん!

 

その1 瞳がグルグル

 

これは誰から見てもわかることで、幼いナユタの目が、マキマと同じです!

『チェンソーマン』では、回想シーンや違う世界線のシーンが時々登場しますが、いつ・誰などの説明は一切ありません(>_<)

でも、その瞳や傷跡などで、誰かはわかるように描かれていることが多いです。

 

その2 嚙む力

 

生前のマキマは、たとえデンジの目が見えなくなっても、マキマのことを覚えているようにと言って、デンジの指を嚙みました!!

こんなところで、伏線が回収されるなんて~(>_<)

幼いナユタがデンジの指を噛んだ時、まさに、マキマの力をデンジは感じたのです!!

 

その3 好きなもの

 

ナユタの好きな食べ物は、「食パン」!

マキマも朝食はいつも食パンでしたよね~

マキマは、も好きでした(^^)

犬は、相手に好かれているかどうかがわかります!

言葉にこそしませんが、ナユタも犬好きであることは証明されていますね!

 

その4 ピースサイン

 

「ずいぶん安上がりな悪魔だな」のデンジの一言に、ピースサインを見せたナユタ!

これは、デンジがかつて、マキマにしていたこと!!

「ナユタはマキマだ」と言わんばかりのダメ押しとしか思えない(*^^*)

 

これらのことから、マキマがナユタに転生したのは確定です!!

 

【チェンソーマン】ナユタはセルフオマージュ!

 

藤本タツキさんの作品を読んだことのある人なら、最終話に「ナユタ」が登場した時、思わず声をあげたかも?

 

ナ・ユ・タ!!

 

公式HPに作者本人が「ドロヘドロと呪術回戦のパクリみたいなチェンソーマン」とコメントしているように、この作品には、他のたくさんの作品がオマージュ及びインスパイアされています!

「邪悪なフリクリ」「ポップなアバラ」を目指して描いていますと公言している通り、「真チェンソーマン」の姿は、弐瓶勉さんの漫画『ABARA』に登場する「黒ガウナ」の姿と類似していて、主人公の名前は駆動電磁次(くどうでんじ)・・・しかも、那由他(なゆた)と言う名前の登場人物まで・・・と、いう感じ!

 

そして、『チェンソーマン』の3年半程前に発表された、読み切り作品『予言のナユタ』!

そうです!

ここにも、ナユタという少女が登場するのです(^^)

ナユタは、世界中の魔法使い達から「世界を滅ぼす悪魔の子」と、予言された女の子。

最終話のナユタは「予言のナユタ」??と驚いた訳ですが、見た目も設定も少し違う感じがするので、同じではないと思います。

ただ、奇行が続くナユタを兄が守っていくストーリーの芯の部分は、第2部に引き継がれていく可能性もありますね(^-^)

 

まとめ

 

『チェンソーマン』最終話に登場した少女“ナユタ”が、マキマの生まれ変わりであるかどうかは、定かではありませんが、マキマの記憶や人格を一部引き継いでいると思われます!!

 

第2部は、デンジとナユタの物語になると考えられます。

公安編で登場した人物が復活するか?岸辺はいったいどんな人物なのか?・・・

若干消化不良が残った1部の伏線もぜひ回収して欲しいです!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください