明治フルーツオレは生産終了じゃない?明治フルーツとはまったく別物!

 

1958年東京タワーができた年に明治から発売されて以来、ロングセラーだった瓶入り清涼飲料【明治フルーツ」が2019年4月1日で生産が終了となります(>_<)

アナタも一度は飲んでみたことがあるのでは??

 

スポンサーリンク

明治フルーツ

 

「明治フルーツ」は、6種類のフルーツミルクがベストなバランスでにミックスされたもの。

フルーツは、リンゴ・バレンシアオレンジ・パイナップル・洋ナシ・バナナ・レモン。

スポンサーリンク

明治フルーツなくなるのは?

 

パックやペットボトルなど様々な形のものがあります。

 

ビンに入ったものは銭湯でよくみかけますよね。

ビン入りはスーパーとかには卸していないそうです。

銭湯か販売店にしか置いてないレアもの!!( `ー´)ノ

 

今回2019年4月1日に生産終了になるのは、このビン入り。

理由は「中期的な売上物量の減少にともない、今回終売させていただくこととなった」とのこと。

明治フルーツがなくなってしまうのを惜しむ声は多数。

 

3月18日からは、ペットボトルタイプの「フルーツ220㎖」 が発売になります。

関東・中部・関西で発売されるそうですよ。

自販機や宅配での取り扱いを予定 ( ..)φメモメモ

 

明治フルーツと明治フルーツオレは別物!

 

今回なくなってしまうのは、「明治フルーツ」。

よく似た名前のもので「明治フルーツオレ」という商品があります!

この二つは別物です!


明治フルーツオレの紙パック500㎖は2017年に生産中止になってしまったとか。

明治の公式ページ見ると、フルーツオレは500㎖のラインナップに載ってないので、今はないことに間違いないですね。

でも200㎖は現在も販売中です!


200㎖は「オレフルーツ」。

名前が500㎖とは少し違います。

「フルーツオレ」と「オレフルーツ」は果汁の比率が違うそうですよ!!

 

 

 

「フルーツ牛乳」と表記せずに「フルーツ」もしくは「フルーツ オ・レ」となっているのは03年以降は公正競争規約により「生乳100%」でないと「牛乳」と表記してはいけなくなったため

乳飲料

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です