ブルーピリオドの高橋世田介は性別不詳の嫌な奴?母親と箸の関係も

 

予備校の冬期講習で出会い、主役・矢口八虎を冷たくあしらったりするも、嫌そうな顔をしながらも相手をする高橋世田介

ガンガン絡んでいく八虎とは、正反対の性格です。

天才なのにコミュニケーションが苦手、だけど自分のことをちゃんと受け止めてほしいと思っている彼。

つい嫌なことや冷たいことを言ってしまう場面も。

 

そのせいか、読者に世田介は、とても嫌な奴に映るのではないでしょうか?

思わず「嫌い!」と思ってしまう人もいるかもしれませんね。

 

今回は、見た目は女の子?と思ってしまうような性別不詳的容姿の高橋世田介に、スポットを当てていきます!

\マンガを50%オフで読んでみる/

↓↓↓

【ブルーピリオド】高橋世田介について

  • 高橋 世田介(たかはし よたすけ)
  • 誕生日:9月19日 
  • 身長:163cm
  • 一人っ子
  • 両目の下のほくろが特徴

 

八虎が予備校である東京美術学院の冬期講習で出会ったのが、高橋世田介でした。

同い年で、国語の模試では全国7位になるほどの頭の良さ!

高校は美術コースではなく、特進コース。

絵においても技術も才能もある逸材です。

高2の時に、普通科の美術の授業で死ぬほど上手いやつかいると噂になりました^^

 

でも、コミュニケーションが苦手で友達がいません。

携帯電話の電話帳には、学校の先生と橋田と八虎しか入っていないそうw

 

人に興味がない世田介ですが、八虎をライバル視しているんです。

八虎の努力を認めつつ前向きな性格を疎み、毛嫌い。

 

「なんでも持ってる人がこっちにくんなよ 美術じゃなくてもよかったクセに…」

こんなセリフを吐いてしまう場面も・・・

予備校で教わる絵が「受験絵画」であることに嫌気が差して、予備校を出ていってしまった世田介。

「つまんない受験絵画なんか押し付けやがって・・・!」

このあとは独学で、東京藝術大学油画専攻に現役合格します。

 

藝大に合格しても特に驚くことも喜ぶこともなく、「藝大は単なる通過点」と言ってのけるのでした ^ ^;

 

スポンサーリンク

【ブルーピリオド】高橋世田介は性別不詳で嫌な奴?

 

世田介で検索すると、「世田介 性別」というキーワードが出てきます。

龍二ことユカは、トランジェスターで女装する男子ですが、世田介は、外見が背が低くて童顔の可愛いなだけで、普通に男子

一人称も「俺」ですw

 

世田介は、先生から言われて描くタイプではなく、自分が描きたいものを大事にしたいタイプ。

予備校を飛び出した時も、そこが影響したのでしょう。

 

ある時、世田介は、近所の小学校で見たうさぎを描きました。

そしてそのうさぎを八虎は褒めてくれたのです。

「このうさぎ、めっちゃ世田介くんのこと好きじゃん」

この言葉を聞いた時、世田介は涙を流します。

涙したのは、自分が大事だと思うものを評価してもらえたのが嬉しかったようです。

 

実は世田介、絵を描くことは天才的に得意ではありますが、「絵を描くのが好きだと思ったことは一度もない」そう。

でもこの時「今初めて絵が描けてよかったと思った」と八虎に伝えます。

 

コミュニケーションがうまく取れないことで、人に嫌な印象を与えてしまう世田介ですが、考えていることは深く、人間味があり、自分探しをしているように思えます。

嫌なやつに見えますが、中身は自分を理解してほしいと願う若者・・・・といったところでしょうか。

ブルーピリオドの龍二は男か女か?女装の理由は性別への強い反発心?

2021年9月14日

 

【ブルーピリオド】高橋世田介の気になるところ2つ

 

世田介は、登場初盤から「嫌なヤツ」という印象をもってしまうようなキャラですが、それ以外に気になるところが2つ。

 

世田介の気になるところ【その①】チェックのシャツ

世田介の服、いつもチェックのシャツであることにお気づきでしょうか??

 

初めて登場したときから、チェックのシャツ!

もう今10巻まで出ているのに、今だにチェックのシャツしか出てきませんw

あ、一度初詣に行くときに黒っぽいシャツにジャケット着てたけど、もしかしたらその間にチェックシャツはさんで着てるかも・・・

 

このチェックのシャツは、どうやら世田介のお母さんが買ってきているようです。

 

服だけでなく、世話焼きのお母さんが何でも身の回りの世話をしてくれている親子関係の描写がされています。

 

世田介に大きな影響を与えていると思われる母親。

「世田介はいつまでも手のかかる可愛い息子」という様子が見て取れます。

 

他人とのコミュニケーションが上手く取れなくて友達が少ないのは、母親自身、自分に非があると思っているようですね。

でも、可愛いと思っている反面、自分の思う通りにしたいという心理もあるのかなという気がします。

世田介に言いたい放題叫んで攻撃した後、大好きと優しくしにくるところは、ドラマでよく見るDV彼氏の行動・・・!

世田介の母親は、いわゆる「毒親」なのでしょう。

世田介は、母親との関係に悩み苦しんでいるのです。

 

世田介の気になるところ【その②】箸や筆の持ち方

 

一番目につくのは、やはり箸や鉛筆の持ち方

ペンを持ち始めたばかりの幼児と同じです!

これも母親の影響でしょうか?

自由にやらせるといった教育方針・・・?

 

こんな意見も見つけました。

自閉スペクトラム症

確かに発達的なものが影響している場合は特に、小さい頃にうまく指導してあげないと出来ないまま大きくなってしまうのかもしれません。

世田介の場合、「毒親」である母親の教育方針もあって、持てないまま大きくなってしまったパターンという可能性も否定できませんね。

ブルーピリオドは実話でモデルがいる?藝大に合格するまでの再現が超リアル!

2021年7月18日

 

まとめ

 

八虎とは正反対の高橋世田介。

うまくコミュニケーションが取れないだけで、嫌なやつではなさそうです。

 

ポジティブシンキングの八虎の性格のおかげもあって、なんだかんだとお互いを意識し、良きライバルとして成長していきます。

この二人の関係も、目が離せませんよ^^

\マンガを50%オフで読んでみる/

↓↓↓

【ブルーピリオド】関連記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください