平穏世代の韋駄天達のミクの能力が衝撃!知能キャラでリンよりすごい?

 

韋駄天達を舌に乗せ、「たべちゃうぞ」と不気味な笑みを浮かべるミクのビジュアルが公開されました!!

アニメでは、ミクのずば抜けた頭脳がクローズアップされることが予想されます(^^)

今回は、ミクについて掘り下げます!

原作漫画などのネタバレが含まれますので、ご注意ください。

\マンガを50%オフで読んでみる/

↓↓↓

【平穏世代の韋駄天達】ミクの誕生秘話

ミクは、ゾブル帝国で繁殖奴隷として集められた人間の女性たちをしつける調教師

そもそもなんでそんな調教師が必要なのか?から始めます(*^^*)

.

ゾブル帝国には、魔族達を牛耳る正体不明な“オオバミ博士”なるものが存在します。

博士は氷漬けにされた魔族を回収し、人間の赤ん坊と融合することによって「人間の脳を持つ魔族」を作りだしてきました。

 

この融合は、人間と魔族の赤ちゃんの成長過程に合わせ、徐々に行います。

約10年ほどで魔族の強力な細胞に圧倒され、人型のみ残して人間の肉体細胞は消滅します(>_<)

逆に魔族の脳はどんどん退化して、人間の知能を身につけた魔族となります。

こうして作りだされた魔族は繁殖能力が低下しているので、ミクによって調教された繁殖奴隷が必要となったわけです!

 

この融合は、基本自然にまかせておこなうので、どんな魔族になるのかはバラバラです。

そこで不確定な部分を解消しようと、融合過程において手を加えたのが、ミクバーコードでした!

ところが、結果は失敗(@_@)

人間の要素が残り過ぎて、魔族として変形する能力は大幅に無くなりました。

ミクの戦闘能力では、ポーラやイースリイにすら勝てません・・・

と言うか、そもそも戦う気持ちがありません(^^)

 

その代わりに神経にエネルギーが回る副作用を起こし、特殊な能力が身につきました!

それは、異常な洞察力です(^.^)

 

平穏世代の韋駄天達のポーラとイースリィは戦闘能力超弱いキャラ?

2021年6月25日

 

スポンサーリンク

【平穏世代の韋駄天達】ミクの能力を分析!

 

戦闘能力こそ0に近いミクですが、その特殊能力は1人で韋駄天を倒せてしまうのではないかと思うほどスゴイのです!

これまでの場面を元に分析してみました(^^)/

ミクの能力 その① 洞察力

 

“洞察力”とは、本質を見抜く力です。

ただ見るのは“ 観察 ”ですが、見えている部分から見えない部分を見抜くことが出来るのです!

最初にミクの力が発揮されたのは、リンの動きでした!

 

ゾブル軍は、1か所に留まり動かないリンにお手上げでしたが、ミクは一瞬にしてリンがいつでも反撃が出来る体勢でいることに気づきました。

確認のために艦隊の陣形を動かすと、リンがミクの予想した通り動いたのです(>_<)

しかもその理由が、その場を守るためであることまで見抜いたのでした。

 

ミクの能力 その② 勘が鋭い

 

ミクは調教師の役割以外にも、その“勘の鋭さ”を生かし、人と融合した後の魔族の素質を見分けることも担っていました!

 

ハヤトが魔獣ギュード君と戦った時の映像を見直したミクは、他の人は「全然弱い」としか感じなかったハヤトに違和感を感じ、本当はもっと強いのに、本人もそれに気がつかず戦っているのではないかと感想を述べます(^^)

ただの勘違いかもと言っていましたが、その言葉を信じたブランディは、子どもたちを逃がすことに成功したのです!!

 

ミクの能力 その③ 状況判断力

 

洞察力が優れているミクは、ゾブル帝国や魔族が置かれている状況を十分に把握し、さっさと逃げました(・_・)

 

さすがは、品性のかけらもないと言われるミク!

自分だけ助かるために逃げたと思いがちですが、実はもうこの時点で、その先のことも読んで行動していたのでした(@_@)

 

  • 新たに魔族を再建するのに一番役にたちそうなウメヨを連れて逃げる。

―ウメヨは、生まれた魔族を体内に取り込んで、人間と融合するまで育てることが出来ます。

 

  • 逃げる際、オオバミ博士に暗号を記載した置手紙を残した。

―たぶん、韋駄天が攻めてきて、ゾブル帝国は崩壊し、連絡手段も無くなると先まで予想していたミクは、離れてしまった博士と連絡を取る手段を既に考えていました!

 

  • 潜伏先も考えていた。

―すぐに行動しては韋駄天にみつかってしまうと考えていたミクは、潜伏先となる対象を田舎のネカフェで検索し、事故死した親の保険金で暮らしていけて、友人も親戚もいない、持ち家一人暮らしの引きこもり女性の家をgetするのです(>_<)

 

この状況判断力と行動力の早さは、生き残っていくうえで、重要な能力であることは間違いないです!

 

【平穏世代の韋駄天達】韋駄天はミクに勝てるのか?

こうして逃走して数年後、無事に連絡を取り合うことが出来た博士とミクは、お互いの情報を共有し、魔族再建に向けて作戦を立てていくことになります!

 

あらゆる情報を精査した結果、まともに作戦を練られる韋駄天はイースリィしかいないという結論に達したミクは、最低限イースリィだけを殺害すればいい、ただ強いだけでは私の元にはたどり着けないと口にします(@_@)

 

この言葉の通り、ミクの洞察力と知能の前では、たとえリンでも策に負けやられてしまうでしょう・・・

そしてとうとうイースリィさえも、博士によって洗脳を解かれたピサラによって捕らえられてしまいました(>_<)

 

このままでは、ミクの知能に韋駄天は負けてしまうかもしれません!!

 

原作漫画は、ここで更新が止まっているため、この先がどうなるかはわかっていません。

しばらくは一緒に捕らえられたポーラと共に、研究材料となるようです!

【アニメ】平穏世代の韋駄天達は何巻何話までで完結?続編の可能性は?

2021年6月13日

【漫画】平穏世代の韋駄天達の電子書籍をお得に読む方法!ebookjapan・まんが王国

2021年6月20日

まとめ

 

最強の知能を持つ魔族・ミクについて深掘りしました!!

魔族再建のために才能を発揮してきたミクですが、自分が最強であると思っているような表情も垣間見れるので、最終的には自分だけを守る行動をとるかも?とちょっと期待してしまいます(^^)

\マンガを50%オフで読んでみる/

↓↓↓

【平穏時代の韋駄天達】の他の記事はこちらから!

▶平穏世代の韋駄天達のポーラとイースリィは戦闘能力超弱いキャラ?

▶平穏世代の韋駄天達のピサラ大将とニッケルは魔族最強キャラ?

▶【漫画】平穏世代の韋駄天達の電子書籍をお得に読む方法!ebookjapan・まんが王国

▶平穏世代の韋駄天達のあらすじネタバレと感想について【3巻】

▶平穏世代の韋駄天達のあらすじネタバレと感想について【2巻】

▶【アニメ】平穏世代の韋駄天達は何巻何話までで完結?続編の可能性は?

▶平穏世代の韋駄天達の原作漫画は完結してる?打ち切りってまじ?

▶平穏世代の韋駄天達の作者は異種族レビュアーズの天原?ヤングアニマルで連載?

▶平穏世代の韋駄天達のあらすじネタバレと感想について【1巻】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください