平穏世代の韋駄天達の原作漫画は完結してる?打ち切りってまじ?

 

フジテレビ「ノイタミナ」の7月期は、アニメ化された『平穏世代の韋駄天達』が放送されることになりました!

原作漫画は、元々ウェブサイトで発表された作品でしたが、現在は更新が止まっています。

内容的に完結しているのか?あるいは打ち切りになったのか?

 

平穏世代の韋駄天達の原作漫画は打ち切りになったのか?

 

『平穏世代の韋駄天達』は、原作者の天原(あまはら)さんが2009年頃よりweb投稿サイト「新都社」にて発表していた作品です。

天原さんは、2000年代中期から、インターネット上で漫画創作活動を始め、主にweb投稿サイトへの投稿や、同人誌への発表などで活動を広げ、2015年以降、本格的に商業誌での活動を開始しました(^^)

 

『平穏世代の韋駄天達』は、不定期ながらも更新を続けていましたが、商業連載などが増えたことにより制作が追い付かず、2016年の28話で、とうとう更新が止まってしまいました(>_<)

 

これに関してはファンの人の多くは、何年かかっても更新して欲しいと声をあげていました!

とりあえず「打ち切り」ではなく、「休止」ということになると思われます。

 

そんな状況の中、内容を天原さんが再編成し、漫画家・クール教信者さんが作画を担当して、青年漫画雑誌「ヤングアニマル」で2018年17号より連載されることが決定しました!

原作を元に、1話が20ページ前後になるように考え直されたんだとか。

基本的には天原さんのネームを元にして、コマ割りやキャラ向きなどの一部は、クールさんが変えるなどしたようです(^^)

 

2021年6月10日現在では、35話まで発表されており、2019年1月29日にはコミック本も発売!

2021年6月29日には最新刊4巻が発売される予定です(^^)

 

天原さんご本人は「いつか続きを書きたい」とコメントしているので、このまま終わることはないと思いますが、発表する場が変わると「新都社」の方は打ち切りという形になってしまうかもしれません(>_<)

 

スポンサーリンク

平穏世代の韋駄天達は完結している?

 

ここまでを整理しますと・・・

『平穏世代の韋駄天達』は2021年6月10日時点で、

  • 新都社のweb配信・・・【作者】天原さん → 現28話の1まで掲載
  • 「ヤングアニマル」・・・【原作】天原さん【作画】クールさん → 現35話まで
  • コミック本・・・【原作】天原さん【作画】クールさん → 現3巻まで発売

 

と、なっています(^^)

そして、原作と「ヤングアニマル」版では、話数が異なります。

 

「ヤングアニマル」の35話は、原作漫画の17話の部分に相当します。

なので原作のうちの18~28話は、これからクールさんの作画で描かれていくということになります(^-^;

 

一番ストーリーが進んでいるのは、原作漫画ということになりますが、先ほど言ったように休止しているので、話はまだ途中で、完結していません!!

 

 

魔族によって支配されていた侵略国家「ゾブル帝国」を、韋駄天達によって一応倒すことに成功しました。

しかし逃亡した魔族もいるため、戦いはまだ続きます!

また、ハヤトによって新しく引き出された韋駄天もいます(^^)

原作漫画を読んだことがある人も、28話以降については未知の世界という訳です。

 

2019年に受けたインタビューで天原さんは、「その先について数話は決まっているものの、まだ空白です」と述べています。

さすがに、少しずつは考えているのでしょうか?

 

平穏世代の韋駄天達とは?

この作品の世界は、「韋駄天」「魔族」「人間」が存在します!

 

「韋駄天」は、仏教の守護神。

俗に足の速い神と言われていますが、この作品の「韋駄天」も、散歩感覚で世界中を走って移動出来てしまいます(^-^)

 

世界中の生物の思念が集まった存在で、見た目は人間ですが思念のため、呼吸や食事をする必要はなく、内臓を潰されようと死んでしまうことはないのです。

他にもいろいろな能力があるのですが、理解するのは難しいので、「神」と言う存在として「あ~こんなことも出来るんだ~」と“無”の心で受け入れた方がスムーズに世界観に入っていけると思います(笑)

 

「魔族」他の生物を食らう破壊生物。

世界を破滅しかねない存在であるということで、800年前に韋駄天により討伐され、結界に封じ込められました!

 

この時、多くの韋駄天が命を落としました。

主人公ハヤトの師匠・リンは、その時の生き残りです(>_<)

800年も生きているんですね・・・神すごいw・・・

 

描かれている現代では、

  1. 韋駄天の生き残りであるリン
  2. リンによって200年前に引き出されたプロンテア
  3. 80年前に引き出されたハヤト
  4. プロンテアにより16年前に引き出されたポーラ
  5. 100年ほど前に自然発生したイースリイ

 

の5人(体)が存在し、何者かによって800年振りに復活させられた魔族を再び消滅させるためのバトルを繰り広げます(@_@)

「平穏世代」とは、人間でいうところの「ゆとり世代」を意味しているのではないかと思われます。

ハヤトやイースリイ・ポーラはゆとり世代を反映したようなキャラです。

 

まとめ

 

『平穏世代の韋駄天達』の原作漫画についてまとめました!

2016年7月以降、残念ながら原作漫画は更新が止まっています。

でも、打ち切りになったわけではありません。

この先、漫画・アニメなどを通して、ファンが増えることも予想されるので、益々続きが期待されますね(*^^*)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください