長瀞ライン下りは1歳でも大丈夫?子連れに嬉しい周辺の食事処も!

 

いよいよ観光シーズンですね!

小さな子ども連れでも楽しめる長瀞(ながとろ)ライン下りと、嬉しいキッズスペース有りのわらじカツ丼屋さんをご紹介します。

 

スポンサーリンク

長瀞(ながとろ)ライン下り


埼玉県の秩父で有名なのが、長瀞(ながとろ)ライン下りです。

細長い船に乗り、船頭さんの楽しいガイドを聞きながら、ゆったり、時にダイナミックに荒川を下る、長瀞名物。

国の特別天然記念物にも指定されている岩畳や、季節折々の自然の美しさに触れることができます。

 

荒川ライン下り子どもも行ける?

 

でも、川下りなんて、小さい子には無理かな?危なくないのかな?と心配になりますよね。

実は小さい子どもでも、ちゃんと乗ることが出来るんです。

息子は7ヶ月で初めてのライン下りを経験しました。

キョロキョロ周りを見ていたので、見慣れない景色が楽しかったんだと思います。

大人の気分転換にもぴったりですよ!

 

「荒川ライン下り」の流れ

まずは、ライン下りをするまでの流れについて説明します。

ライン下りを行っている会社は何社かありますが、我が家は「荒川ライン下り」さんにお世話になったので、そちらの流れを紹介します。

 

まずは、予約です。

当日でも席が空いている場合は窓口でチケットが取れますが、行く日が決まっていたら予約をした方が確実です!

電話で予約できるので、聞きたいことがある場合は、事前に質問しておきましょう。

 

お店は、長瀞駅前にあります。

大きい青い看板が掲げられていて、まずわからないことはないと思います。

駅からも歩いてすぐなので、電車でも車でも行くことが出来ます。

車の場合は、お店に専用の駐車場があります。

無料なのが嬉しいですね!

 

乗船時間の20分前までに、乗船手続きを済ませて下さいとの事だったので、30分前くらいに着くように向かいました。

コースは、3コースあります。

  • 急流を下るチャレンジコース(30分)
  • 穏やかな流れをいくロマンチックコース(30分)
  • 全長コース(50分)

でした。

急流はちょっと心配だったので、時間短めのロマンチックコースにしました。

全長コースも惹かれましたが、50分息子がじっとしてるようにも思えなくて…(笑)

子どもの成長の様子に合わせてコースが選べるのが良いですよね!

 

料金は、

  • 30分コースが、大人1800円、子ども900円
  • 50分コースが、大人3300円、子ども1600円

子ども料金は3歳以上からです。

 

身長60センチ以上から利用できます。

7ヶ月の息子の身長は67センチ(ちょっと大きめの子だと思います)だったので、7〜8ヶ月くらいなら大丈夫かと思います。

 

受付時間までに、トイレを済ませておくよう案内がありました。

移動時間を含めると1時間くらいはかかるので、必ず行っておきましょう。

オムツ替えスペースはなかったので、車の中で子どものオムツを交換しておきました。

駅前の多目的トイレにオムツ交換台がありますので、電車利用の方は交換してから行くと良さそうです。

 

授乳室は、駅前の長瀞町観光案内所の1階にありました。

受付の方に声を掛け、お借りしました。

 

受付が済んで時間になると、案内所から無料送迎バスに乗って乗船場まで移動します。

移動時間も、そんなに長くなく10〜15分くらいだったと思います。

 

乗船場に付いたら、ライフジャケットを着用します。

子どもも、ちゃんと子ども用が用意されているので安心です。

初めて身につけるので、不思議そうな顔をしていましたが、嫌がらずに着てくれました。

 

さあ、乗船です!

基本は一人で座るのですが、まだ難しい場合はヒザの上でもOKでした。

水しぶきが上がる場所があるので、水よけのビニールが横についていました。

水が飛んできそうになったら、自分でサッと上げて防ぎます。

11月で涼しめだったので、息子を濡らさないように気をつけないと!と意気込んでいたのですが、まあそんなに飛んでこなかったので大丈夫です。

ロマンチックコースですしね(笑)


船頭さんが名所の説明をしながら、ゆったり川を下っていきます。

また紅葉が綺麗だったので、30分コースでも、かなり秋の自然を満喫できました。

船頭さんの船さばきも華麗でかっこよかったですよ!

カメラの持ち込み、もちろんOK!

落とさないように要注意(笑)

船の中を動き回ることは出来ないのですが、景色をとったり、お互いを撮りあったりして、いい思い出になりました。

終わったら、また送迎バスに乗って、受付をした所に戻ります。

 

>>>荒川ライン下り 

 

スポンサーリンク

食事処について わらじカツのお店

 

次はおいしい秩父名物を食べに行こう!ということで、長瀞駅前にある「地場産食 寶TAKARA」さんへ。

お昼をちょっと過ぎた時間だったので、満席でした。

 

どうしようかと思っていると、お店の方から案内があり、近くに新店がオープンしたばっかりで、そちらなら席が開いているとのこと。

歩いて10分かからないくらいだったので、移動することにしました。

「寶 TERAS」というお店です。

わらじカツ丼が出てくるのか?!と思わせる、めっちゃオシャレなお店です。

テラスと名前のついている通り、洋風なオシャレカフェのイメージです。

また、ベビーカー入店可能、お子様用椅子あり、オムツ交換スペースあり、キッズスペースありで、子連れに優しいお店です。

さっそくわらじカツ丼と豚みそ丼を注文!

ボリューミーで、どちらも大変美味しかったです。大満足〜!

 

お店の一角にあるキッズスペースが、またオシャレ!

色々なおもちゃの他、テーブルにかわいい小人ちゃんたちが映し出され、ちょこちょこ動きます。

なんと、チームラボさんとのコラボだそうです。すごい!!

テーブルの上に手や腕を置くと、壁のようになって、小人ちゃんが溜まったり、腕に登ってきたりします。

息子は、目を輝かせて遊んでました。

親も、その様子を動画に収めたりして、いい思い出になりました。

 

まとめ

 

長瀞は、子連れにも優しい町なんですね。

是非みなさんも一度遊びに行ってみてくださいね(*^-^*)

>>>長瀞ライン下り

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です