【半沢直樹2】最終回結末予想!最後は完全燃焼でイカロスがキーワード?

 

7年前に放送された『半沢直樹』最終回!!

その後芸人さんたちがものまねをしたこともあり、今でも香川照之さん演じた大和田常務の土下座シーンは印象に残っていますよね~

でも、原作ではあのような土下座はしていないんだとか。

原作と全く同じではないアレンジがあるのも、ドラマ化の面白いところです(^.^)

さて、『半沢直樹2』はどのような結末になるのでしょうか??

 

【半沢直樹2】あらすじネタバレ

 

前回、最終回で大和田常務の不正を暴き、土下座まで追い込んだ半沢でしたが、その手柄で東京中央銀行に戻れるかと思いきや、まさかの東京セントラル証券への出向で幕を閉じました(>_<)

ただ単に、半沢の仕返しみたいな感じになってしまったのです!

組織って怖いですね~

 

出向先である東京セントラル証券は、業績が上がらず、親会社である東京中央銀行から仕事を回してもらっているのが現状でした。

そんな中、「電脳雑伎集団」から買収のアドバイザーの仕事が舞い込みます。

半沢は不安があったので、部下たちにより進められていくのですが、交渉は順調にいかず、契約は破棄(+_+)

 

そして、あろうことか相手の会社は新たに東京中央銀行とアドバイザー契約を結ぶことに!

親会社が子会社の仕事を横取りした形に、半沢が動き出します。

逆に買収される側の「スパイラル」のアドバイザーになったのです。

 

会社同士の買収に、アドバイザーである銀行や証券会社が絡み、またまた裏工作や不正が露呈されていくのですが、前作同様半沢と銀行の駆け引きが見どころです(^-^)

 

後半は、半沢が東京中央銀行へ復帰し、帝国航空の再建に取り組みます。

半沢はなんとか経営再建案をまとめ提出するも、国土交通大臣・白井によって白紙撤回・・・

それどころか、白井が立ち上げた諮問機関「帝国航空再生タスクフォース」から500億円もの債務放棄を迫られることに!

東京中央銀行にとって不利となるこの債務放棄をなんとか止めようとする半沢ですが、あらゆる敵がそれを阻みます。

 

白井大臣はもちろんのこと、タスクフォースの弁護士や議員、そして銀行内部にも半沢を陥れようとする者がいるのです。

そればかりか、最期にはラスボスのごとく、あの片岡愛之助さん演じる金融庁の黒崎も登場(>_<)

それぞれの欲深い思惑が、絡みに絡み合って、あちこちで黒いつながりが生じているわけです。

もうかなりドロドロ(>_<)

 

【半沢直樹2】半沢直樹の原作との違い

 

前作『半沢直樹』では、大まかな流れは原作通りですが、ドラマ化・映像化にするにあたり、若干変更や脚色・演出がなされています。

 

例えば・・・

ドラマでは、半沢の父親は銀行からの融資が受けられなかったことによって、自殺へと追い込まれた設定になっていますが、原作では、地元の銀行に助けてもらっています。

半沢の憎しみを表現するうえで、視聴者にもわかりやすい感情を作り上げたのではないかと思われます(^^)

 

また、人物では、上戸彩さん演じる半沢の妻は、もっと冷たい感じなのですが、イメージもあるのでしょうか、花は、半沢を支える良き妻でした!

そして半沢自身のセリフも、もっと辛辣で過激な言葉があったのですが、その辺も随分柔らかく表現されているようです。

映像だと、表情で憎しみなどが表現できる分、セリフがなくても読み取れると見込んだ演出とも考えられます(^.^)

 

それとは逆に、当時流行語にもなった半沢の決めゼリフ「やられたらやり返す、倍返しだ!」は、実は原作では一度しか出てこないのです!!

正に、演出の妙とも言えるのでしょうか?

今回の予告ではまだ「倍返しだ~!!」のシーンは流れていませんね~

封印して違うセリフが出てくるのかも、期待してしまいます(^-^)

 

続編に関しても、大まかな内容は、原作に準じてくることと思います。

細かい部分は、ドラマがスタートしてから判明してくることと思いますが、現時点では二人の女性の存在が気になりますね~

 

一人目は、今田美桜さん演じる東京セントラル証券の新入社員・浜村瞳

2020年1月3日放送のスピンオフ作品に続けての登場ですが、男性社会の証券会社において、どのような役割を果たすのか、同僚の賀来賢人さん演じる森山とのコンビも原作では見られない展開になるのではと思います(*^^*)

二人目は、全くオリジナルの役、井川遥さん演じる小料理屋の女将です。

敵か味方か今のところはわかりませんが、ドラマのカギを握る重要人物になることは確かですね~

【半沢直樹2】角田演じる三木重行は敵か味方か?原作ネタバレより考察!

2020年7月6日

 

【半沢直樹2】最終回結末予想

 

後半、半沢は東京中央銀行に戻り「帝国航空」の再建に取り組むので、前半の買収の案件には成功したことが伺えます(^^)

原作通り、半沢は東京中央銀行に戻ることができ、後半へとつながることと思います。

そのことからも考えると、全体的には、原作に沿った形でストーリーが展開することが予想されますね。

 

自分の不正を隠すために裏工作をした人々が、結局墓穴を掘る形で失脚していくのでしょう。

部下の森山や浜村が、半沢を助けながら成長していく過程が見られるのでは?

賀来賢人さんと今村美桜さんの演技にも注目してしまいますね(^^)

原作が『銀翼のイカロス』であるドラマ後半の「帝国航空」の再建は、最終的には東京中央銀行の不正を暴くことになります。

人物のつながりや巧みな裏工作は完璧に書き上げられているので、これらを崩して新たなストーリーを作り上げるのは難しいと思われます。

最後に誰が責任を取るのか?

前回は、大和田常務は降格だけで終わり、半沢が出向と言う形になりました。

原作では、頭取が辞任する形で終わり、半沢はその意思を継ぐ者としての決意を固めます!

 

この流れだと半沢が後に頭取になるような感じですが、ドラマでは半沢が頭取の辞職を留まらせ、自分が処分を受けるのではないのかと予想します!

さすがにまだ後継者としては戦わなくてはいけない相手が多すぎますしね(>_<)

しかも、ここまでブラックな東京中央銀行にはもう未練はないのではないかと思うのです!

半沢直樹2の帝国航空のモデルは?銀翼のイカロスは実話?

2020年7月16日

↓↓↓ 【半沢直樹】はこちらから!

【半沢直樹】前回シリーズのフル動画を全話無料視聴する方法!

2020年7月30日

 

スポンサーリンク

まとめ

 

次々と不正を暴いてきた半沢ですが、最後に膿を出し切ったことで、完全燃焼してしまうのでは??

これだけ腹黒い人物と戦ってきたら、さすがに心折れますよね(>_<)

イカロス」には“調子に乗ったらひどい目に合う”と言う戒めの意味がありますが、これが半沢本人にも当てはまってしまうことも考えられますね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください