【パラ柔道】廣瀬順子選手がかわいい!子どもや夫についても

 

オリンピックに引き続き、8月24日から始まる「東京2020パラリンピック」!

たくさんの有力選手の中、リオに引き続き出場する柔道の廣瀬順子選手が「かわいい」と注目を浴びています(^^)

今回は、既婚者である広瀬さんの夫や子どもついてなど、いろいろ深掘りします!!

 

【パラ柔道】廣瀬順子選手について

1990年10月12日山口県山口市で生まれた廣瀬順子(旧姓・三輪)さん!

恋する柔道少女がヒロインの漫画「あわせて1本!」の影響を受け、小学5年生から柔道を習い始めました(^.^)

 

地元の山口市立小郡小学校と小郡中学校を卒業後、山口県立西京高校へ進学!

柔道部に所属し、インターハイに出場しています(^^)

その後リハビリ専門職を目指し、広島国際大学総合リハビリーテーション学部・リハビリ―学科に進み、理学療法学を専攻しました!

 

ところが、1年生の時に順子さんを病魔が襲います(>_<)

成人スティル病という膠原病の一種の病気にかかり、合併症の影響で視力のほとんどを失ってしまったのです!!

視野の中心部が見えなくて、周りの部分がぼんやりして見える感じなんだそうです・・

 

ショックはかなり大きかったと思うのですが、命の危険もあったので、生きていて良かったという思いの方が大きかったんだとか。

リハビリ職の道は諦め、改めて花園大学社会福祉学部臨床心理学科に入学し直しました。

前向きですごいですね(^-^)

一度柔道から離れ、楽しい大学生活を送るも、障害のために諦めなければならないことがあったり、他の人より遅れてしまうことがあったり辛い経験も。

そんな時、視覚障害者の競技・ゴールボールの試合を見て心が動かされ、もう一度何かに打ち込みたいと思い、2012年大学3年生の時に、視覚障害者柔道を始めました(^^)

 

スポンサーリンク

【パラ柔道】廣瀬順子選手の夫や子供について

 

そんな順子さんが、夫の悠(はるか)さんと出会ったのは、視覚障害者柔道を初めて間もない2013年の海外遠征でした!

11歳年上の悠さんも、高校生の時に柔道でインターハイに出場するほど強かったのですが、緑内障を患い、視力が低下・・・

高校卒業後は、柔道から離れ、鍼灸師の資格を取得するために盲学校へ進みました!

その時の担任のアドバイスで、障害者柔道で復帰することになりました。

 

一度は柔道を離れた2人が、再び柔道を始めたことでこの後出会うことになるなんて運命感じますね~(*^^*)

初対面の印象は「よくしゃべる変なおじさん」だったんだとか。

でも、試合で緊張している人に声をかける優しさや、ムードメーカーとしての明るさに惹かれ、2014年から交際がスタート!!

 

当時は、東京と愛媛での遠距離恋愛だったため、遠恋カップルあるあるの別れ話も出たんだとか。

その時に「私が愛媛に行くから結婚してください」と、なんと順子さんの方からプロポーズ(^.^)

悠さんは、障害者同士の結婚に、戸惑いもあったものの、心を決め2015年に結婚をしました!!

既に高い実力を持っていた2人でしたが、結婚後は、日々の練習や食事管理などに二人三脚で取り組み、夫婦で2016年リオデジャネイロパラリンピックの切符を手にしました!!

そして、悠さんは、残念ながら9位でしたが、順子さんは見事に銅メダルを獲得!!

そのおしどり夫婦振りも注目されたんです(^^)

 

2021年現在30歳と41歳のお2人ですが、お子さんがいるかどうかの情報はありません。

ご自宅での様子を取材したVTRなどを見ても、お子さんがいらっしゃる雰囲気ではないので、今はまだ2人家族であると思われます!

 

【パラ柔道】東京パラリンピック・障害者スポーツへの思い

 

東京オリンピックでメダルラッシュに沸く柔道!

視覚障害者柔道も、点の取り方、時間など健常のルールとほぼ一緒ですが、お互いの選手が組んだ状態から試合が始まる点が大きく違います。

組手を争うシーンがないので、一瞬で技が決まり、試合が終わってしまうこともあるんだとか。

 

そのためには、パワーが必要で、海外では、パワーリフティングから転向してきた選手が良い成績を収めることもあるのです。

リオでの戦いで、力の差を実感した廣瀬さん夫婦は、もっと体力をつけようと、筋トレを増やし体を大きくしたり、地元の海沿い、山道、町中、商店街などを2人で走ったりしてきました(^^)

常に2人で、東京パラリンピックを目指してきたのですね~

 

リオでの銅メダル獲得は、たくさんの人に祝福され、その後も多くの応援の声をもらった順子さんでしたが、必要以上のプレッシャーを感じ、負けてしまうこともありました。

そんな時も、悠さんは、「負けても人生が終わるわけではないから」と声をかけ、楽な気持ちにさせてくれたんだとか。

コロナ禍でのオリンピック延長は、不安な気持ちしかなかったけれど、家には常に悠さんがいて、一緒に練習をしたり、食事管理をしたりしながら、東京パラリンピックにめけて準備を進めてきました(^-^)

 

こうして、2人揃って東京パラリンピックへの出場が決定しました!!

順子さんが狙うのは、もちろん金メダルです(^^)

 

まとめ

 

その表情にも真面目さや、ひたむきさが表れている廣瀬順子さんは、とてもチャーミングな女性です。

リオで銅メダルを取ったといえ、まだまだパラリンピックのメダリストの名前は浸透していないのが現実(>_<)

オリンピック柔道に負けない位、自分たちも活躍して、パラスポーツへの関心が高まって欲しいという、廣瀬さん夫婦の願いが叶う日が必ずくると思います!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください