うんこ漢字ドリルの効果はあるの?実際に買って使ってみた感想

うちにも3冊あります!

こんにちは、aikoです。

 

今、子どもに大人気の「うんこ漢字ドリル」。

流行る前にたまたま何かで知って、

オモシロ半分で買ってみました。

買った直後、爆発的に売れ出して今や超人気のドリルに!

 

そんなうんこ漢字ドリルについて書いていきます。

 

 

スポンサーリンク

うんこ漢字ドリルの内容は?

 

ズバリ、すべての漢字の例文に「うんこ」が使われています。

 

例えば

2年生のだったら

「姉の服にぼくのうんこがついてしまった」

「うんこの上に教科書を落としてしまった」

 

5年生のだったら

「なぞのうんこ型生物が寄宿舎に姿を現した」

「空飛ぶうんこなんて非科学的だ」

 

1年生~6年生までそれぞれのレベルに合った

”うんこ例文”が1文字3つずつ載っていて、

大笑いしながら漢字を勉強することができます。

 

例文だけでなく、鍵かっこもマスの形もうんこ形。

ところどころに書かれている挿絵もうんこにまつわるイラストです。

「うんこ先生」も登場し、いろんなアドバイスをしてくれます。

 

”おもしろい”だけじゃなく、ちゃんとしたところはしています!

書き順、音読み訓読み、例文、

その字を使った言葉紹介。

関連する感じをまとめて覚えられるように、

教科書とは違う独自の順番で並んでいるんですよ。

 

 

誰が作ったの?

映像ディレクターの古屋雄作さんと、文響社の山本周嗣社長

を中心に作られました。

 

きっかけはうんこ川柳だそうです。

 

うんこ川柳を応用し子どもの学習に使えるのではないか

と考えたのが始まりのようですよ。

 

 

子どもの反応は?

 

1年生用・2年生用→息子

5年生用→娘

に買いました。

 

気になる子どもの反応ですが、

うちの小2息子と小5娘。

バカうけするのは絶対に2年息子だと思っていたら、

予想外に5年娘のほうでした。

(もちろん2年息子も大うけですが)

 

女子であることを忘れているかのように「うんこ」を連発。

一個一個の例文とイラストに爆笑でした。

 

2年息子はこれまた意外にも

恥ずかしいからと学校には持っていきません。

 

忘れたころにチョロチョロと1~2字書いてますよ、笑いながら。

 

 

親目線でのドリルの感想

 

これは私の勝手な感想ですが、

楽しく笑いながら取り組める点はとてもいいと思いました。

書き順も載ってるし練習枠もある。

でも。

唯一残念だと思ったのは

覚えたかどうかのチェックテストがついてないこと。

見ながら書き込む形式なので、

とくに高学年は見て書いてるだけになってしまわないかな・・・

チェックテストページがあれば言うことないのにな

というのが私の本音です。

あと、漢字をなぞるのが多いかなとも。

 

総合すればいいドリルだと思います(^^)

 

 

教材としてはどうなの?

このうんこ漢字ドリル、教材としてはどうなのでしょうか。

 

教材用のドリルはさすがで、

圧倒的に情報量が違います。使い方にも幅があります。

(画像がなくてわかりにくくてすみません)

 

それに比べるとうんこドリルは物足りない感があり、

学校の教材としては力足らずのようです。

 

 

スポンサーリンク

うんこ漢字ドリルのいい使い道は?

 

じゃあうんこドリルはいらないかと言ったら

そんなことは全然なくて、

自主学習にはもってこいのアイテムです!

 

自習ノートに、うんこ例文を書いて何回も練習する。

 

これがうんこ漢字ドリルの最適で効果がある使い道かもしれませんね。

 

 

まとめ

 

正直なところ、うんこのことばかりが頭に残って

肝心な漢字は覚わっているのだろうか

 

と心配になりますが、

勉強に取り組むきっかけになるのなら、

どんな形でもいいのかな と。

 

ちなみにドリルではないですが、

「うんこ演算」というアプリもあるそうですよ。

■追記(18.5.5)

うんこドリルに続編?出てます!

今度のはすべてテスト形式のもの。

文はうんこですが、答えが載ってないので二冊セットで購入するといいかもですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です