キングダム【実写映画】王騎将軍は実在する?モデルになった人物は?

 

『キングダム』の数多い登場人物の中で、漫画の世界でも、読者たちにもリスペクトされている大将軍と言えば「王騎」!!

その魅力について語りたいと思います(*^_^*)

 

スポンサーリンク

王騎は実在の人物?

 

まずは王騎は実在した人物なのかについて。

 

ズバリ、「史記」などの史実の中に「王騎」と言う人物はいません

モデルとなったであろう人物をベースに原さんが作り上げたキャラクターではないかと言われています。

なにせ、春秋戦国時代~今から2,500年も前!!

残っている資料も少ないし、本当のことなのかも不明・・・


わかっているのは、戦国時代の秦に「王齮」という将軍がいたことです。

漢字は違いますが、「おうき」と読みます。

紀元前246年に秦王「政」が即位した時に、「蒙鷔」「麃公」と共に将軍に任じられています。

でも、『キングダム』の「王騎」のような活躍はしておらず、その2年後には亡くなっています。

 

実は同時代にもう一人「王齕」と言う人物の記録が残されています。

「王齕」は、秦の将軍「白起」の副将として、長平の戦いで趙を破ったのを始め、魏や韓もことごとく攻め落としています!!

中には、「王齮」と「王齕」が同一人物ではないかと言う説もあるようですが、これらの人物が「王騎」のモデルになっていることは間違いないようです(*^_^*)

 

映画『キングダム』の王騎の魅力5つ

 

魅力1・見た目の派手さ

『キングダム』にはたくさんの将軍が出て来て、読んでいるうちに「あれ?これ誰だっけ?」ってなることありますよね~(私だけ?)

でも、「王騎」はあの濃い目鼻立ち分厚い唇猪木さん並みのあご3つに分かれた顎鬚・・・とめちゃくちゃ派手で絶対に忘れません!!

それなのに出てくるのはオネエ言葉^_^;

そのギャップに惹かれた人も多いはず!!

 

魅力2・品の良さ


「王」が名に入っていることからも、王家の出であると思われる「王騎」は、声を荒げたり感情をあらわにすることはほとんどなく、常に品良く行動しています(*^_^*)

かと言って軟弱なわけではなく、出る時は出、引く時は引く。

その姿は凛とし、育ちの良さを感じますよね~

 

魅力3・強さ


もちろん最初から将軍だったわけではなく、原作11巻では、百人将だった頃に同じく百人将だった「昌文君」と出会ったと書かれています。

かなり古いつきあいのようですね~

お互い共に戦場を駆け巡ってきたのです(*^_^*)

 

しばらく実戦から離れていた「王騎」は伝説的になりつつありましたが、趙の「龐煖」との戦いでその圧倒的な強さを見ることが出来ました!

しかも、ただ強いだけではなく、総大将としてあるべき姿を見せることにより、のちに続く「蒙武」や「壁」「信」に多大な影響を与えました。

これこそ真の強さと思ってしまいます(^^)

 

魅力4・情の深さ

「摎」の出生の秘密「摎」との約束「昭王」との関係「嬴政」との最後の会話などなど・・・

表には出てこないけど、いろいろな回想シーンを通して、「王騎」の優しさ、情の深さや忠誠心がひしひしと伝わってきます!

どのシーンも胸熱くなるエピソードばかりで、益々「王騎」のファンになった人も多かったことと思います。

私は「摎 いよいよ最後の一つですね」の一言にジ~ンです(T_T)

魅力5・カリスマ性

強い将軍はたくさんいますし、配下たちが忠誠を誓うのはもちろんです。

そんな中でも、「王騎」は特に配下から絶大な信頼を得ています。

ただ強いだけではここまでの信頼関係は保てないと思うので、「王騎」は自らその強さを維持するために努力したり、配下への指導や心配りに力を尽くしたりしていたのではないかと想像できますよね(^^)

それは、「龐煖」との戦いで「蒙武」を援護したシーンや、「龐煖」に討たれた「王騎」を配下たちが必死で退路を作り脱出させたシーンに集約されています!!

「信」が「王騎」の馬に一緒に乗り脱出する途中、「これが将軍の見る景色です」と教授する印象的な場面もあります。

「王騎」はいつもこの景色を見ていたんだ・・・とも思い知らされるシーンでした(^_^)

 

>>>キングダム【実写映画】続編はいつごろ?きょうかいと王騎がキーパーソン?

 

スポンサーリンク

実写映画版「王騎」は大沢たかお!

そんな強烈キャラを実写版では誰が演じるのか!

そもそも『キングダム』が爆発的に人気になったきかっけは2015年に放送された「アメトーク!キングダム芸人」\(^o^)/

登場人物のコスプレをした芸人達が『キングダム』について熱く語り話題になりました!

中でも、「平成ノブシコブシ」の吉村さんの「王騎」のコスプレはちょっと大げさだけど似ていて面白かったです!!


そのせいか、実写映画化が決まった時は吉村さんが「王騎」では?と言う声も上がっていたようです・・・

本当にそうだったら笑いしか出てきませんw

大沢さんでよかった(>_<)


「王騎」を演じるにあたり、大沢さんご本人は「不安もあった」と本音をポロリ!

「見た目はほとんど人間じゃない」と苦笑いするも、体重を10kg以上増やすなど、体作りをして臨んだそうです!

その姿に周りのキャストからは「鳥肌が立った」「王騎そのもの」と絶賛の声が上がりました。

大沢さんも「自分なりに限りを尽くせたかなと思う」と語っています(^o^)

 

>>>羌瘣【きょうかい】は実写映画化続編で誰が演じるか予想!山本千尋が有力?

 

まとめ

「王騎」について、だいぶん感情移入してまとめました^_^;

「信」が成長する姿をいつまでも近くで見守って欲しかった・・・

と思いますが、物語の早い時期に死んでしまったことで「王騎」のカリスマ性はより強いものとなったに違いありませんね(*^_^*)

 

アニメキングダムのフル動画を無料視聴!ユーチューブやパンドラで見れる?

2019年4月1日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です