【キングダム5期】おうせんは最強か?かんきと李牧と比較まとめ!

 

『キングダム』5期以降話の中心となるのは、“鄴攻め”です!!

この時の総大将は、秦・王翦将軍!

そして、副将の1人は桓騎将軍、対するのは趙の李牧です(>_<)

『キングダム』の中でも、最強と言われる王翦は、この2武将と比較してどの位強いのか?本当に最強なのか?検証します(^^)

\マンガを50%オフで読んでみる/

↓↓↓

【キングダム5期】王翦将軍について

 

王一族の現頭首の王翦は、信のライバルである王賁の父親です。

山陽戦で、蒙驁大将の副将として初めて登場(^^)

その時点では、秦国ではもちろん、全土にもまだ名前が知られていませんでした。

常に、重そうで不気味なを被り、仮面を身につけているので、その素顔は全くわかりません(>_<)

性格は冷静と言うか、冷たいイメージ・・・

息子の王賁との仲も良くありません!

 

でも、「軍略の才はかつての六将に匹敵する」と言われ、自らが王になる野望を抱いていると噂されています。

そんな危険人物なので、あまり表舞台に出てくることはなかったのです(>_<)

 

また、無謀な賭けには出ず、“絶対に勝つ戦”以外興味がありません!

逆に言うと、王翦が動いた場合、その戦に勝つ確信があるということになりますね(^^)

山陽戦では、周りを崖に囲まれた“囲地”と言う地形を利用し、なんと、味方の壁の軍を囮にして、魏軍を窮地に追い込みました。

ところが、魏の大将・廉頗がその策を見抜き、その上をいく行動を取ったことにより、不利な状況に陥ってしまいます!!

そこで、王翦が取ったのは“全軍退去”(@_@)

 

勝てないと思ったのですね~

最終的には、桓騎軍などの活躍もあり、秦軍の勝利で終わりました!

 

スポンサーリンク

【キングダム5期】王翦と桓騎はどちらが強い?

 

蒙驁将軍の下、山陽戦で活躍したもう1人の将軍と言えば桓騎です。

王翦同様、この時点ではあまり知られていませんでした。

元野盗団の首領なので、なんとな~く表に出したくなかったのかもしれません(^.^)

それを考えると、“飛信隊の信”として名が知れ渡っている信って、本当にスゴイ!!

王翦と桓騎のどちらが強いのかについて考えてみましたが、同じ国の武将で、直接戦う機会がないので、正直、わかりません(>_<)

しかも、王翦に限っては、戦いのシーンがほとんどないのです!!

 

将軍首ですから、前線に立って、易々と討ち取られてしまっては大変なので、本陣にいることが多いのは仕方のないこと・・・

桓騎も飲み食いしながら、出番を待つシーンが多く見られますし(^^)

 

でも桓騎は、けっこう大胆に敵地に乗り込み、容赦なく敵将を討っています!

躊躇なく一度で斬ってしまうことから、剣の強さは並みではないことが伺いしれますね。

「キングダム公式ガイドブック」(2021年7月)によると、武力に関しては、2人とも“93”で同じくらいであると評されています!

なので、もし一騎打ちとなっても、勝敗はつかないのではないかと考えられます。

 

ただし、知力に関しては、大きく差が開いています!

2021年の数値ですので、鄴攻めでの采配が評価されてのことではないでしょうか?

桓騎が“86”なのに対して、王翦は、“99”!!

100の李牧に次いで、同じく99の昌平君と共に2位です(*^^*)

桓騎の策は、ちょっと姑息な感じがしますが、王翦は練りに練って、尚且つ絶対勝つ策なので、この数値は納得です!

ということで、王翦と桓騎は、武力は未知数ながらも同程度、ただし

総合的に判断すると、王翦の方が強い!!

と考えます(^^)

どちらの将軍も「そんなことはどうでもいい」と、言いそうですが・・・

 

【キングダム5期】王翦VS李牧は知略の戦い!

 

では、知力では若干負けている李牧との強さを比較していきましょう。

 

この2人の直接対決は“鄴攻め”でした。

と言っても、“武”の戦いではなく“知”“策”の戦いです!!

この戦いはお互いの策を読み合い、その先の、またその先の策を練る、かなり高度な内容でした(>_<)

中華統一を短期間で終わらせるには、趙の“鄴”から攻め落とすしかないと決めた秦軍は、軍略会議を何度も重ね、策を練ります。

そして趙を欺き、途中から進路を変える作戦に出たのですが、それは、そんな甘いものではありませんでした(@_@)

 

趙の国門とも言える、“列尾”を、比較的簡単に落とした王翦。

この城は李牧によって、わざと攻めやすい城に作られていたのです!

裏を返せば、逆に、取り戻すことも簡単と言うこと・・・

もし国門を奪い返されれば、地形上、秦軍は、後戻り出来ないどころか、兵糧を届けることも不可能になります(>_<)

正に、先を読んだ李牧に軍配が上がりました!

 

ここをどう乗り越えるのか??

王翦は、直接鄴を攻めるのではなく、周りの小さな城を落とし、そこにいた民の命は奪わず追い出しました(@_@)

その城の数はなんと9つ!!

それらの難民はすべて、鄴へと向かい、鄴の城は難民で溢れかえったのです!

こんな策は、李牧も全く予想しておらず、驚きを隠せませんでした。

 

この後も、王翦VS李牧の兵糧攻め合戦は続きましたが、最終的には、秦により鄴は陥落されました!!

この後も、戦いは続いていますが、この時点では、王翦の勝利と言えるでしょう(^^)

公式ガイドブックでは、知力は李牧の方が上ですが、武力は、王翦が“93”に対して、李牧は“91”

実際に戦うシーンはありませんが、全体的にみてやはり、王翦は最強の将軍と言えるでしょう(^^)

 

まとめ

 

王翦将軍の強さを、桓騎や李牧と比べてみました!

趙を攻めている今の時点では、知・武の総合力から判断して、王翦は最強と言えます(^^)

ただし、同じく新六大将軍になった蒙武・騰・楊端和、息子の王賁を始め、信や蒙恬などの若き将軍達もどんどん力をつけてきています!

どんな風に描かれていくのか、楽しみですね~

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください