【アオアシ】阿久津の過去に何かある?本当に性格悪い嫌なやつなの?

『アオアシ』の登場人物阿久津渚と言えば、最初から嫌~な感じのキャラでした!

特に、葦人に対しては冷たい態度でしたが、なぜそこまで嫌な奴なのでしょうか?

本当に性格が悪いの??

明かされた過去について触れながら、阿久津というキャラについて掘り下げます(^^)

\マンガを50%オフで読んでみる/

↓↓↓

【アオアシ】葦人VS阿久津

阿久津を嫌な奴と印象付けたのは、葦人達のセレクションでの出来事でしょう!!

「みんなでユース生を倒してセレクション突破しよう」

と言う葦人の言葉が耳に入った阿久津は、ラインズマンだったのに、志願して試合に出場し、葦人達をボコボコにしました(>_<)

 

しかも、葦人には

 

ここまでの金は誰が出したんだ?

お前、才能ないぜ。

クズが!ここで引き返せ。球遊びに戻れ。お前みたいのが来る場所じゃねぇ。

 

と、暴言を吐き、肘打ちまで食らわしました(@_@)

え?こんな奴いていいの?スポーツマンシップに乗っ取ってないじゃんw

 

そんな嫌がらせも乗り越え合格した葦人!

新入団生限定の紅白戦では力が発揮できず、落ち込んでいるところに、またまた阿久津の襲撃に合います(>_<)

 

お前…ユースに来たらなんとかなると思っていただろ?

誰かが教えてくれて、いつかできるようになると思ってただろ?

セレクションから進歩がねぇ。それが証拠だ。

 

キツイ・・けど、これけっこう的を射てますよね~

結果、葦人は、自ら伊達コーチに助言を求めにいくことになりました!

こんなこと言われ続けるのですから、もちろん葦人も、阿久津のことが嫌いです!!

嫌い同士なのに、突然その阿久津と同じポジションへのコンバートを言い渡されます(>_<)

ずっと世界一のFWになることを夢見ていた葦人にとっては、衝撃的な宣告だったのですが、そこで阿久津の嫌味が炸裂!!

 

FWで通用しねぇ奴をDFで鍛え直すってな・・・

みじめだなぁオイ。まだ続けんの?サッカー。

 

って、傷口に塩塗り捲っています!

でも、まるで阿久津に鍛えられたかのように、逆に葦人はどんどんと成長していきました(^^)

 

スポンサーリンク

【アオアシ】阿久津は過去に何があった?

 

阿久津の家族や生い立ちに関しては、あまり取り上げられてきませんでした!

栗林以外の選手とはほとんど関わらず、何かあれば孤立してしまうタイプ(@_@)

でも、サッカーは本当に攻守共に素晴らしく、身長も高くフィジカルも強いのです。

そんなレベルの阿久津にとって、確かに葦人や新入団の選手は、素人同然で苛立ってしまうのも分からなくはありません・・・

でも、サッカーが好きなことを全身で表している葦人に比べて、阿久津は楽しんでいると言うより、サッカーに人生をかけている位の圧が感じられますよね~

そんな阿久津の過去が、コミックス21巻で初めて明かされました(>_<)

 

阿久津は母子家庭で育ちましたが、母親は、子どもに関心がなく、子育てを放棄したいわゆる“ネグレクト”でした!

福田監督が、阿久津の家に訪れた時、ゴミだらけの部屋の中に阿久津はいたのです(>_<)

 

福田監督が、どのようにして阿久津までたどり着いたのかは描かれていませんが、阿久津少年は、サッカーに打ち込むことで自分の存在価値を見出していたのかもしれません。

監督は

「ここから抜け出したいなら、才能で道を切り拓くんだ」

と、阿久津に、セレクションの申込書を渡しました!

この監督の誘いがなければ阿久津はどんな道を進んでいたのでしょうか?

それを考えると、阿久津が全身全霊でサッカーに取り組み、周りの子たちの事を甘ちゃんと感じるのは必然なのではないかと思います(>_<)

ネグレクトの子は、親の愛情を受けていないから性格が悪いとか言われますが、この辺はちょっと根が深くて、親がどう愛を表現し、子どもがどう受け取るかはそれぞれの親子で違うと思います!

個人的には、阿久津は、愛情表現に仕方を知らないだけで、優しさや、思いやりの気持ちはちゃんと兼ね備えていたのだと感じました(^^)

 

ただ、阿久津には、サッカーしか道がなかった。

サッカーで成功することが、人生の目標だから、ストイックでハングリーなのだと思います!

このエピソードを知り、阿久津の味方が変わったと感じる読者も多くいましたね(^^)

 

【アオアシ】阿久津は本当に性格が悪いのか?

 

こんなに嫌な奴でも、当初から阿久津のファンはたくさんいました!

嫌みこそ言っていますが、言っていることはそこそこ正しくて、なんならアドバイスとも聞こえるようなことも言っていたのです。

おかげで、葦人達1年生は随分成長しました(^^)

 

また、栗林を認めているように、強い選手や真摯に向き合っている選手のことは、少しずつ認めることが出来るようになってきています。

そんな阿久津に変化が見られるようになったのは、U-18日本代表に初選出された時でした。

 

阿久津は、控えに甘んじてしまい、これまでの強気な姿が薄れ、どうすれば使ってもらえるのかと、焦りさえ見えるようになったのです(>_<)

そんな阿久津に一喝したのは、キャプテンの義経だったのですが、この経験によって阿久津が少し変わったのです!

葦人に嫌がらせすることもなくなりました・・

その後新キャプテンになった阿久津は、不慣れながらも新1年生にアドバイスするなど、チームについて考えるようになります!

考えてみれば、葦人があまりにも子どもなので、阿久津がかなり大人っぽい印象に移りますが、まだ17歳の高校生!

経験していないこともたくさんあれば、伸びしろもあるし、吸収力もあるのです(^^)

かと言って、すぐにいい奴になるとは思えませんが、自分の悪いところは受け入れ、相手の良いところは認める柔軟さは兼ね備えているようですね(*^^*)

 

まとめ

阿久津は母親に育児放棄された辛い過去を持つ少年でした!

サッカーだけが生きる術だった少年は、福田監督や葦人達仲間と出会うことによって、人として少しずつ成長しています(^^)

本当に悪い奴ではないと、思います!

将来は、最強のプロサッカー選手になりそうですね!!

\マンガを50%オフで読んでみる/

↓↓↓

【アオアシ】関連記事

▶【アオアシ】サイドバックはどんなポジション?葦人のDF転向の理由は?

▶アオアシの人気キャラランキング!1位はハートをわしづかみのあのキャラ!

▶【アオアシ】青井葦人のモデルは誰?福田選手やシャビエルが参考に?

▶【アオアシ】阿久津渚のモデルが本田圭佑選手ってマジ?二人の共通点についても

▶アオアシとスラムダンクは似てる?キャラ設定や描写などから考察

▶【アオアシ】栗林のモデルは誰?ジダンや久保がミックスってマジ?

▶【アオアシ】エスペリオンのモデルのユースチームはどこ?柏レイソル?

▶【アオアシ】福田達也監督のモデルはいる?実在するJリーガー?

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください