キングダムのひょうこう【藨公】は実在した?史実から考察 

 

キングダムファンの中でも、圧倒的に支持者が多い将軍の一人藨公!!

 

合従軍の戦いで命を落としてもなお、その存在感は消えません(>_<)

藨公は、実際の史実に登場する人物なのでしょうか?

実在したとなると原作で表現されているようなキャラだったのでしょうか?

調べました(^^)/

 

キングダムのひょうこう【藨公】はどんな人?

 

原泰久さん原作の漫画『キングダム』の登場する藨公将軍とは、どんな人だったのか?

それはそれは豪快で、楽しくて、大の戦い好きな武将でした!!

信の初陣である魏の呉慶との戦いで初登場したものの、実は、当時千人将であった壁ですらその名を知りませんでした(>_<)

なぜなら、戦いが好きすぎて、常に最前線の戦地にいたので、中央に赴くことがなかったからです!

 

藨公の戦い方は、本能型!!

その野生の勘で、小さなきっかけを見つけだしては、兵法の基本に逆らうような戦い方をするので、味方でもよくわからなくなってしまうほどです(^-^;

でも、ただ楽しそうに戦っているのではなく、戦いには、大事な人や国を、最後には何もかも失うかもしれない・・・そんな覚悟が必要だと考え、どんな状況でも、将軍として相手を倒すことだけに全力を注ぐことをポリシーとしていました(^^)

大きく見開いた三白眼に、ギザギザの歯が特徴的な見た目の巨漢!!

性格も荒々しいのですが、常にどんな相手にも分け隔てなく接していました。

だから、信のような立場でも、直接話したり、酒を飲み交わしたりすることが出来たのです(^^)

 

戦うことが大好きだった藨公は、六大将軍にもなれる実力がありましたが、

「儂には六将のような華やかな夢も光も必要なかった」

「儂はただ戦場で戦い勝利し、その夜うまい酒を飲めれば、それで満足じゃったからのォ」

と語り、地位や名誉に縛られず、ただ戦いを楽しんでいたのです!!

 

スポンサーリンク

キングダムのひょうこう【藨公】は実在の人物だった!

 

藨公については、中国の歴史書『史記』に、2行だけ書かれています。

 

紀元前246年 秦王贏政が即位すると、将軍に命じられる。

紀元前244年 韓を攻め、首をとること3万であった

 

このような簡単な記述があるだけですが、『キングダム』と同じ時代に実在していたことは確かです!

この文章以外に、藨公の生い立ちや、戦歴、生涯について書かれたものはなく、その辺はすべて原さんのオリジナルなんです!

凄いですね~(*^^*)

 

ちなみに・・・

紀元前246年には、藨公と共に、王騎と蒙驁(もうごう)も将軍に任命されています!

この2人の武将も実在していたのです(^-^)

紀元前244年には共に韓に攻め入っていますが、王騎には藨公のように、武功を上げたという記述はなく、同年に亡くなっています。

 

この2人に対して、蒙驁は、斉の出身であり、紀元前249年には既に史実に登場しています!

この時に、韓の成皋と滎陽を落としています(^^)

その後も怒涛の勢いで37もの城を攻め落としました!!

蒙驁の活躍は続き、9年間で72の城を陥落させる偉業を成し、紀元前240年に亡くなっています。

 

今から2200年以上も昔の史実が残っていること自体凄いのですが、それらを読み解き、たった2行から、藨公という強くてカッコいい武将が、原さんの手によって作られていったのです(^-^)

 

→ キングダム【合従軍の戦い】蒙武とは?中華最強の戦を制した武将が豪快!

キングダム【合従軍の戦い】蒙武とは?中華最強の戦を制した武将が豪快!

2021年3月8日

 

キングダムのひょうこう【藨公】最期は?

 

韓を攻めた時から先は、藨公は史実に登場しません・・・

王騎が亡くなった頃に、藨公も亡くなっていたと仮定すると、一緒に記載されると思われるので、この時点では藨公は生きていたのではないかと考えます(^^)

 

そして、その後の戦いでは、韓を落とした時ほどの武功はあげられなかったのでしょう。

それでも、戦いを続けていたのか、第一線から退いたかは計り知れませんが、『キングダム』の藨公を見ると、本当にこんな最後だったのではないかなあ~と思ってしまいます(^-^)

 

キングダムにおける藨公の最期

 

合従軍と戦うことになった秦軍は、全勢力を国門の函谷関に集め、防衛線に打って出ます!

藨公は、一番右側に位置しました。

目の前にいるのは、慶舎が率いる趙軍約12万!!

それに向かい打つ藨公軍は4万(@_@)

その中には、臨時2千人将になった信の姿も!

慶舎もまた本能型の武将で、李牧でさえも一目置く存在!

なんと藨公は、慶舎の罠にはまってしまいますが、藨公と同じ位直感が働く信の俊敏な反応に助けられ、危機を脱出します(^-^)

 

信が、趙の将軍万極を討ち取ったあと、しばらく膠着状態が続きましたが、藨公が異変に気がついたのです!!

小隊を率いて移動していた李牧の様子を、遠くに見える砂煙で読み取り、即座に行動を起こしました(^^)

しかも、誰も破ることが出来ないと思われた、李牧の布陣・流動を見事に突破し、李牧と対峙することに成功しました!!

 

ところが、そこには武神・龐煖の姿がありました(>_<)

龐煖の圧倒的な武力の前で、藨公は劣勢に立たされてしまいます・・・

助けに行こうとする信に藨公は、自分の盾を投げ「前進じゃあ」と叫ぶのです!

もはやここまでと、自らの最期を悟った藨公は、最後の力で龐煖の腕をへし折り、「火を絶やすでないぞォ」ととても穏やかな表情で言います!

感動的なラストシーンでした(T_T)

 

→ キングダムのひょうこう【藨公】盾を信に渡した意味は?

キングダムのひょうこう【藨公】盾を信に渡した意味は?

2021年3月2日

 

まとめ

 

秦軍の大将軍・藨公は史実に登場する、実在する人物でした!

その記載はわずかで、ほとんどは、作者原泰久さんが考えたオリジナルですが、強いのに優しく、荒々しいのに小さなことも落とさない、とにかくカッコいいのです(^-^)

実際の藨公将軍も、きっとこんな感じだったのだろうと容易に想像できますし、その後の信の活躍に大いに影響したこともうなずけますね!

 

→ キングダム【合従軍の戦い】桓騎と張唐の関係は犬猿の仲?

【アニメ】キングダム3期の動画配信状況!ネットフリックス・Hulu・U-NEXT

2021年4月5日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください