キングダム5期はどこから何巻何話まで?いよいよ中華統一?

 

『キングダム』は、「週刊少年ジャンプ」で現在も連載中の人気漫画ですが、アニメは、第4シリーズが、2022年春に放送されることが決定しました。

でも内容から考えると、そこで完結ではなく、間違いなく第5シリーズ以降も放送されることが予想されます(^^)

そこで、すご~く気が早いですが、アニメ5期の内容は、漫画の何巻何話までになるのかを大胆予想します!

ネタバレも含まれますのでご注意ください。

\マンガを50%オフで読んでみる/

↓↓↓

【キングダム5期】キングダム3期までと4期の予想

 

キングダムのアニメは、2012年に第1シリーズがスタートしました。

放送期間や、内容は下記の通りです(^^)

放送期間 放送日 コミックス
第1シリーズ 3クール 2012年6/4~2013年2/25 1巻~16巻
第2シリーズ 3クール 2013年6/8~2014年3/2 17巻~24巻
第3シリーズ 2クール 2020年4/6~2021年10/18 25巻~34巻

 

第1,2シリーズから終了から、第3シリーズ開始まで、けっこう期間があったことに関しては特に発表がなかったので、色々と憶測が飛びました(>_<)

当時は今ほど人気がなかったことや、内容がけっこうハード(戦争のシーン)だったことがあり、もしかしたら打ち切りかも?という声も上がっていました!

でも、2015年にTV番組「アメトーク!」で紹介されて以降は人気が急上昇。

2019年には、実写映画が公開されたこともあり、『キングダム』人気は不動のものとなりました(^-^)

ということで、コロナウィルス感染拡大の影響で放送時期は延期されましたが、無事に第3シリーズが2020年4月から放送され、その最終回に第4シリーズの放送決定という嬉しい情報が公開されたのです。

 

第4シリーズは第3シリーズ同様、放送期間は2クールで秦国統一編の残りである、「王弟謀反編」・「著雍攻略編」・「嫪毐動乱編」が描かれると予想します(^-^)

原作漫画の、34巻364話~40巻437話になります。

 

スポンサーリンク

【キングダム5期】キングダム5期はどこからどこまで?

 

第5シリーズでは、いよいよ、秦国が中華統一に向かう

 

新章・中華統一へ

 

が、スタートします!!

 

2021年11月現在、コミックスは62巻まで発売されていますが、まだまだ中華統一になでは至っていません(>_<)

非公式で、斉とは同盟を結ぶことが出来ましたが、やっと1国目の趙を攻めている最中なんです!

しかも、その趙国には、あの三大天・李牧が控えているのです(@_@)

そう簡単には征服することが出来ないことは目に見えていますよね!

なので、第5シリーズで、趙国との戦いの全ては収まらないと考えられます。

先の長い話になってしまいますが、第6シリーズ以降も、趙国との戦いを描くのではないでしょうか?

 

そして、第5シリーズは放送期間が2クールで、まず攻めの足掛かりとなる、黒羊丘の戦いがメインで描かれ、そして斉王との会談へと進み、鄴攻めの最初の部分まで進めるのではないかと予想します(^^)

 

黒羊丘の戦いだけだと、ちょっと物足りないし、鄴攻めの全てを描くには、尺が足りないかなと思うからです。

秦が鄴攻めを決め、攻略の策を練り上げ、せっかく練り上げた策を、大将・王翦が覆し、この先どうなるの~??

というところで、終了になるのではないかと考えます(^.^)

 

『キングダム』5期は・・・

 

コミックス41巻438話から48巻517話

 

になると思われます(^^)

 

【キングダム5期】5期の内容をネタバレ

 

では、その5期のあらすじをまとめます。

ネタバレが含まれますので、未読の方はご注意ください(^^)

 

黒羊丘の戦い(41巻~45巻)

 

呂不韋との戦いを終え、秦国を治めた贏政は、とうとう中華統一に向けて初めの一歩を踏み出します!!

先ずは趙国に狙いを定め、重要拠点となる趙の黒羊丘を奪う戦いが始まりました(^^)

秦の総大将は桓騎将軍!

その桓騎軍と初めて一緒に戦うことになった飛信隊ですが、その非道かつ残虐な戦い方に、嫌悪感や恐怖感を抱く者もたくさんいました(>_<)

 

黒羊丘には、5つの丘があり、実質的には中央の丘を制した方の勝利となります。

地形を把握している趙側が有利な状況で戦いは進みますが、激戦の末、信が趙の総大将・慶舎を討ち取ります(^-^)

ところが、副将の紀彗は、慶舎の死を伏せて、尚も戦いを続けようとしました。

 

これに対して桓騎は、直接戦うのではなく、残虐非道な策を使って、趙軍を黒羊丘から退けることに成功し、秦軍の勝利で戦いは決着しました。

 

方法はどうであれ、桓騎の策によって勝つことが出来たことに対し、飛信隊は複雑な心境です!

信は、せっかく武功を上げたのに、桓騎軍に食って掛かり、取り消しとなってしまいました(@_@)

黒羊丘の戦いは、『キングダム』の中でも、いろんなエピソードが組み込まれていて、かなりグッとくる内容になっています。

 

斉王との会談(45巻~46巻)

 

咸陽では、蔡沢の手引きにより、斉王と李牧と秦王・贏政との密談が行われます。

そして、口約束ですが、事実上の降伏宣言を斉王から勝ち取るのです(^^)

一方李牧からの提案は一蹴し、趙との戦いが現実味を帯びることとなりました!

 

鄴攻め・出征(46巻~48巻)

 

15年で中華を統一すると見越していた贏政と昌平君は、そのためには、李牧を出し抜くために趙の王都・邯鄲の喉元にある鄴を一気に攻める奇策に打って出ます!

 

軍の全滅もあり得る戦いの総大将となったのは、王翦将軍でした。

そして飛信隊も、玉鳳隊、楽華隊と共に出陣します(^^)

趙国に、悟られぬよう国門・列尾を陥落するも、あることに気が付いた王翦は、当初の策を諦め、単独で考えた方法で鄴を攻めることを決めます!

 

まとめ

 

『キングダム』5期の内容について予想しました。

いよいよ、中華統一へと向かう秦国!

戦いの行方ももちろんですが、信や、飛信隊の成長、河了貂や羗瘣との関係など、見どころがたくさんありますね~

特に、メインとなる黒羊丘の戦いは、国を超えて、人々の思いや背景が描かれていて、記憶に残る戦いです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください