【キングダム5期】かんきはクズでひどい奴?目玉や皆殺しの狙いは?

 

『キングダム』5期の話の中心になると思われるのは、黒羊丘の戦いです!

総大将は、クズでひどい奴と言われている桓騎将軍(>_<)

敵に兵士の目玉を送ったり、敵兵を皆殺しにしたりと、戦略とは言えない奇策で、敵を攻略していく桓騎ですが、その狙いはなんなのでしょう??

今回は、そんな桓騎将軍を深掘りします!

ネタバレが含まれますのでご注意ください。

\マンガを50%オフで読んでみる/

↓↓↓

【キングダム5期】初登場で見せた桓騎の奇策

 

桓騎の初登場は、魏の山陽一帯の攻略を目指した山陽戦でした。

初日、魏軍の指揮官・玄峰将軍の策にはまり惨敗した秦軍・・・

2日目から右軍を任された桓騎将軍は、正面から戦わず、山々に軍を分散潜伏させる、ゲリラ戦を展開しました(>_<)

 

昼夜を問わず急襲してはすぐに退くことを繰り返し、深追いする魏軍があれば、これを殲滅していったのです!

この時点で姑息な戦いですが、魏軍左軍・介子坊将軍は、桓騎の異常な行動に悩まされます(@_@)

 

なんと、敵兵の目玉をくり抜いて袋詰めにして介子坊陣営に送りつけたり、死体を串刺しにしてみせつけたりなど、残虐非道な心理戦で、敵兵を追い詰めました!

他でも死体の弄びが全くないわけではありませんが、桓騎は度を越していて、士気が下がるどころか桓騎に恐怖心を抱く敵兵も現れました(-_-)

 

そこで魏軍は左軍の指揮を玄峰に交代し、兵が分散した桓騎軍の本陣を急激破滅する作戦に打って出たのです。

ところが、介子坊軍が桓騎軍の本陣に攻め入ったことに歓喜する玄峰達の前に、大胆にも現れたのは、魏兵になりすまし潜入した桓騎でした(@_@)

そして、あっさりと玄峰の首を刎ねたのです!

逆に手薄になった敵本陣に潜入するとは、桓騎にしか出来ない策といえるでしょう。

 

スポンサーリンク

【キングダム5期】黒羊丘での桓騎の戦い

 

その後も合従軍との戦いなどで武功を上げた桓騎は、趙国への本格的な侵攻となる黒羊丘の戦いで、総大将に任命。

密林と丘からなる黒羊丘の攻略は、困難が予想され、ゲリラ戦を得意とする桓騎が選ばれたのです(^^)

そして飛信隊も、初めて桓騎の下で戦うことになりました。

趙国は、「沈黙の狩人」の異名を持つ本能型の武将・慶舎を総大将とし、副将・紀彗らによって、秦軍に苦戦を強いてきます!

そして4日目。

激戦の末、信が、慶舎の首を討ち取ることに成功(^-^)

ところが紀彗は、慶舎の死を隠し、徹底抗戦をする構えを見せます!

本当の戦いはここから始まったのでした!

 

慶舎の死が知れ渡る前に、丘を制覇しようと考えた紀彗ら趙軍は、力業で一気に秦軍に攻め込みます(>_<)

すると桓騎は、撤退して丘を趙軍に明け渡すよう命令するのです!

一体桓騎は何を考えているのかと、秦軍どころか、趙軍も驚く様子!

 

でも、これも桓騎の恐ろしい作戦でした。

桓騎は、黒羊の村人たちを虐殺し、その亡骸でアーチを作り、紀彗らに見せつけたのです(@_@)

 

そして・・・

 

これ以上の惨劇を

お前の離眼城で起こしてやる

楽しみにしていろ

 

と、伝文を送りつけました!

紀彗は離眼城の主でした。

かつて内戦で留守をしていた際に、敵兵により離眼城は落とされ、城内にいた女・子ども・老人は人質に取られてしまいました(T_T)

そして人質解放の交換条件として、紀彗の父である当時の城主・紀昌と将校、兵の投降を迫りました!

 

まだ成人になっていなかった紀彗の目の前で、離眼の大人たちは、火刑によって命を落としました・・・

その時紀彗は、離眼の子どもたちを守り抜くと、父と誓ったのです(T_T)

 

この事実を知った桓騎が、罠を張ったのです!

趙軍が引き止めるも、紀彗は丘を降り、離眼城へと向かいました。

紀彗軍が去ったことで、優位になった秦軍は、丘を制し、真の勝利を得たのです!

 

【キングダム5期】桓騎の狙いは?

 

桓騎の取る策は、どれも倫理感が全くなく、非人道的です。

飛信隊とは、相反する戦い方といえるでしょう(>_<)

実際、黒羊の村人を虐殺した桓騎に対し、信は憤慨し、羗瘣は桓騎軍の兵を同士討ちにしてしまいました!

でも全ての戦いが終わった時、河了貂から、

 

消耗戦となるはずだった 丘取り合戦を止めたおかげで

戦死者の数が 開戦前の予想の半分以下だった

 

と、聞かされます(@_@)

 

これから中華統一へ向かおうとする秦国にとって、兵の数が減るということはかなりの痛手。

それが、半分以下で済んだのですから、実は桓騎の狙いはそこにあったのでしょう!!

 

桓騎の戦い方は、一見、非道で奇抜です!

昌平君や李牧ですら思いつかない、やろうとしない方法であると河了貂も言っていました(-_-)

桓騎は、戦いの先の先を見越す能力にも長けています。

魏との戦いでも、黒羊丘の戦いでも、敵将の動きを敏感に察知して、先回りで行動を起こしたことで勝利を得たのですから・・・

桓騎の前では、忠誠心や軍略は存在しないのです。

いかに、戦わずして、楽に勝つか!!

卑怯とも思えることですが、必ずしも正統派が勝つとは言えないのが戦争です(>_<)

 

まとめ

 

黒羊丘の戦いで総大将を務めた桓騎の戦い方についてまとめました。

非道かつ残虐な桓騎は、確かにクズと呼ばれても仕方ないと感じます(>_<)

でも、結果秦国は勝利しました!

大人の戦い方を信に見せた桓騎でしたが、戦争においての正義や倫理観について考えさせられる戦いになったと思います。

アニメ化でもどう描かれるか楽しみですね(^^)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください