怪獣8号の人気キャラ一覧まとめ!伊春や鳴海は入ってる?

 

人気漫画『怪獣8号』には、個性的なキャラがたくさん登場します!!

それぞれ魅力的なので、推しもそれぞれですが、中でも人気を集めているキャラは誰なのか?

ネット上の評判をまとめながら、ランキングをつけようと思います(^^)

 

【怪獣8号】人気急上昇のベスト3!

 

『怪獣8号』は、主人公日比野カフカが、夢を叶える物語です。

でもエピソードが更新されるたびに、登場人物の背景や抱えているものがクローズアップされ、そのキャラの注目度が急上昇しているんです!

特に人気のベスト3は・・・

 

第3位 四ノ宮キコル

16歳でカリフォルニア討伐大学を飛び級で最年少首席卒業した史上最強の逸材!

趣味は怪獣殺し(>_<)

登場もド派手なら、戦い方もド派手!

ツインテール姿ももちろん可愛いのですが、カフカに対するツンデレともとれる言動も、純情さを残し可愛いと人気なんです。

 

父親は、防衛隊長官の四ノ宮功。

幼き頃から常に完璧であり続けろと言われて育ってきました。

どんな時も強気で、でもきちんと周りを認めることも出来るキコルのカッコ良さは、ヒロインレースで一歩前に出ているといえますね(^^)

 

第2位 市川レノ

同率1位と言ってもいいレノは、カフカの後輩にして、最初から登場していた主要キャラ!

先ず、見た目がイケメン・・・と言うより可愛い(^^)

まだ18歳なのに、とても落ち着いています。

 

初日にしてカフカの人間性を見抜き、ちゃんと先輩としてリスペクトしながらも、守るところは守りツッコむところはツッコむ!

 

解放戦力は、最初8%でしたが、吸収力の早さでどんどん成長しています。

カフカの一番の理解者でありながら、保科に「隊長クラスへと成長していく逸材」と言われているレノの成長から目が離せません(^^)

 

第1位 保科宗四郎(ほしなそうしろう)

日本防衛部隊第3部隊の副隊長保科宗四郎!

見た目はおかっぱで細目、関西弁を話し、カフカをお笑い枠で合格させようとするなど、少しおふざけが過ぎるところも・・・

防衛隊2次試験で、負傷したカフカを市川レノが肩車して、合体作戦を行使した時には大笑いしていました(^-^)

 

そんな保科ですが、いざ戦闘となると保科流刀伐術で、怪獣を華麗に殲滅!

そのギャップに萌えるファンが続出しました(^^)

特にエピソード3「立川基地襲撃」では、刀を使った戦いぶりがカッコよく、保科が副隊長に至るまでの物語がまるで走馬灯の様に描かれ、その強さの根底にある思いが読者に深く響いたのです!

 

スポンサーリンク

【怪獣8号】見逃せないサブキャラ達!

 

まだまだ魅力的なキャラはたくさんいるのですが、その中で、今後の展開に影響してきそうな人物を紹介します!

もちろん、人気も上位のメンバーです(^-^)

 

古橋伊春(ふるはしいはる)

八王子討伐高専首席卒業の実力者!

リーゼント頭で負けず嫌い、特にレノに対しては強いライバル意識を抱いています。

そのくせ、ちょっと天然(^-^)

レノと2人、怪獣9号と戦った場面では、ただただレノに闘争心を抱いていた自分を顧みて、「守られるだけの自分自身が一番気に入らない」と覚醒します!

その姿に心打たれた読者も多いのです(^.^)

 

四ノ宮功(しのみやいさお)

キコルのパパで防衛隊の長官!

常に長官と言う立場で行動しているので、本音は見えません・・・

父親としては、キコルに厳しすぎない?と、思うのですが、10年前に怪獣に妻の命を奪われたことが、冷徹になっている要因と思われます(>_<)

 

でも上に立つ人間としては人格者で、いくつもの名言を生み出しています。

怪獣8号の運用に前例がないと言った部下に対して言った、

 

「前例(そんなもの)は、この国の防衛に比べれば瑣末なことだ」

 

そして、「僕がいれば事足ります」と言った第1部隊鳴海隊長に対して言った、

 

「大災害は全てが対処可能だと我々が慢心した時その常識を大きく覆す形で起こる」

 

この2つは、多くの読者の心にささり、その人気を上昇させました(^^)

 

鳴海弦(なるみげん)

38話で初登場するや否や、ファンの心をギュッと掴んでしまったのが、第1部隊隊長の鳴海です。

これまで熱く語るキャラたちの瞳がグルグルだったのに、突然の十字!

しかもイケメンだし強気だし、なんなの~!!って感じだったのに、翌39話では布団にくるまり、血走った目でゲームをしたり、キコルに借金を願い出たりと、クズキャラ振りを発揮(@_@)

このギャップがなんとも言えないと、推し変するファンもいるんだとか。

 

【怪獣8号】主人公とヒロインは不動の人気!

 

急上昇の3人やサブキャラたちはもちろん注目の的ですが、主人公・日比野カフカとヒロイン・亜白ミナの人気ももちろん不動のものです(^^)

 

日比野カフカ

読者に夢を与える存在の主人公・日比野カフカ!

32歳にして再び防衛隊を目指す姿は、同年代の読者の心を大きくつかみました(^^)

ミナへの思いを持ち続ける純情さ、正義感や熱さなど、正統派主人公ですが、それゆえ応援してしまいたくなるのです!

 

怪獣に変身してからも、うまく受け入れられない滑稽さや、自分の身を守るのではなく防衛隊を守るために戦う姿は感動の連続です(*^^*)

 

亜白ミナ

主人公カフカが思い続けているヒロイン!

時々保科にツッコミを入れるシーンもありますが、基本常にクール!しかも“伐虎”という名の、虎を引き連れているんです

めっちゃ強い!!そして、カッコいい(^^)/

 

でも、カフカとの約束を守るために頑張ってきたことが、時々漏れるし、カフカが隣に並んでくれる日を待っている様子もうかがえます。

何より、防衛隊のほぼ全員の憧れの的なんです(^^)

 

まとめ

 

現段階での人気キャラをまとめました!

カフカとミナは定番として人気なのですが、他の人物があまりにもキャラが立っているので、推しが分散しているので模様です(^^)

今後も、エピソードによっては、話の中心になった人物の人気が上昇したり、新たな人物が登場したりするかもしれませんね~

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください